ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ティモシーとサラの絵本 8 はながさくころに」 みんなの声

ティモシーとサラの絵本 8 はながさくころに 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784591081150
評価スコア 4
評価ランキング 19,798
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心優しいティモシー

    このシリーズは大好きでよく読みます。

    こんかいはティモシーの優しさが

    とても伝わるお話でした。

    病気で寝ている友達の家の窓のすぐそばに

    花壇をうえてあげるというアイデア。

    友達が退屈しないで楽しい気分になれる

    ことを想像しながら作った花壇は、

    とってもステキだなと思いました。

    町の知り合いもみんなが協力してくれて、

    ほんとにいいお話だと思いました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティモシーとミリー

    女の子なら絶対好きになる物語ぢと思います。
    本当に可愛くて、ちょっとキュンとします。
    病気がちのミリーのために一生懸命がんばるティモシーが本当に良かったです。
    ほっこり系のお話も最近楽しむようになってきた息子も面白かったと言っていました。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 病気がちなお友だちのために

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    ふたごのねずみ、ティモシーとサラシリーズの一冊。
    今回はティモシーが主人公です。
    ティモシーは、病気がちの女の子、ミリーのために、窓辺の花壇作りを思いつきます。
    あちこち手配して、やっと完成するのですが、ミリーのお礼の言葉に、
    どぎまぎしてしまうのですね。
    お友だちのために一生懸命になるティモシーの姿が素敵ですね。
    もちろん、周りの大人たちも、そっと応援してくれます。
    いつもながらうっとりするような絵が魅力的です。
    加えて、病気がちな女の子には、ハンナという女中さん付きです。
    女の子ストーリーの王道です。
    ミリーが夢見る、花壇の花が咲き誇る情景はそれはそれはキュートでした。
    ティモシーも淡い恋心でしょうか。
    その行動がほほえましいです。
    男の子も女の子も共感してもらえそうです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット