あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

なまけねずみのウォルター」 みんなの声

なまけねずみのウォルター 作:マージョリー・フラック
絵:中谷 千代子
訳:光吉 夏弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1978年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「なまけねずみのウォルター」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • びっくりしました

    ウォルターが朝おきたら、かぞくがいないからびっくりしました。

    ぼくだったらとてもこまると思います。

    ウォルターに会ったかえるたちが、すぐに忘れてしまうからびっくりしました。

    いろいろ教えても忘れてしまうから教えてもしょうがないと思いました。

    ウォルターが家とかかぐとか作るからすごいと思いました。

    さいごはよかったです。さいしょからそうすればよかったのにと思いました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • マージョリー・フラックの児童書

    光吉夏弥さん訳の本を探していて見つけました。マージョリー・フラックに児童書があったんですね。

    ウォルターのなまけぶりがすごいのか?家族がすごいのか?ウォルターが起きたら、家族が引っ越ししていなくなっていたのが、すごいなあと思いました。

    ここは思わずびっくりでした。
    なまけものが一転して働き者に
    なるというのは昔話でもよくありますが、一人で生活しなくてはいけなくなれば働かざるをえませんよね。

    ウォルターが友だちになった面々が個性的でおもしろかったです。

    特に、かえるたちは二三日たつと記憶がなくなるのか、ウォルターのことを忘れてしまうのです。

    このかおるたちとウォルターのやりとり、ちょっと想像がつかないような成行きがおもしろかったです。

    マージョリー・フラック、こんなおもしいろ児童書も書いていたんですね。

    絵は中谷千代子さん、かわいらしくてお話にもあっていました。

    絵も古さは感じませんし、絶版なのがもったいないです。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット