ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ふきのとう」 みんなの声

ふきのとう 作・絵:甲斐 信枝
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2004年
ISBN:9784834019636
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,426
みんなの声 総数 13
「ふきのとう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 今日 お店でふきのとうが並んでいました
    春を告げる ふきのとう  てんぷらにして食べると おいしい
    はるの 味がいっぱい 口に広がります

    雪の下から見つけた ふきのとう  感動します
    かがくのともはすごいな〜
    ふきのとうは はるを知らせてくれる  はな

    ふきのとうの花  黄色のおすふきと 白のめすふきがあり
    それぞれの 役目があること

    地下茎がしっかりはって  生命力の強さに感動しました

    自然の節理のすごさ!  そして、子孫を残し伝えていくしっかり役目を果たしています 

    地下茎の描き方がすごい ふきのとうがこんなふうに すごい生命力で生きていることに 
    感動しました!

    かがくのともはすごい視点で 私たちに教えてくれます

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春を知らせる花

    春先に見つけて天ぷらにするととても美味しいふきのとう。春を知らせてくれる花ですが、きちんと知らなかったなぁと、この絵本を読んで感じました。
    雪の中から顔を出して、つぼみをつけて、花開く。そんなふきのとうの一年を丁寧に描いていて、感動しました。
    ふきのとうには黄色い花の押すと白い花のめすがあるということです。春になったら、見つけて確認しようと思います。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてばかりでした

     きれいなきみどり色のふきのとう。春になると、摘みにいくのがたのしみです。
     けれど、ふきのとうのことを何もしりませんでした。
     雄花?雌花?黄色の花?白い花?
     私は観察もしないで、食べてばかりでした、、、。
     ふきのとうの不思議がよくわかりました。文章もしみじみして、ここちよかったです。
      
     科学絵本シリーズは、大人も子どもも、楽しく勉強できます。絵がとてもリアルで、写真よりもわかりやすいのがいいです。

    掲載日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました

    畑の傍らにふきのとうが出始めて、春の訪れを感じています。
    一面のふきのとうですが、実態をほとんど知らなかったので、正直勉強になりました。
    ふきって結構たくましい植物なのですね。
    これに、ふきのレシピなど添えらえていたら、さらに良かったのですが。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れを知らせてくれるふきのとうの話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    福音館書店の『かがくのとも』シリーズの1冊です。
    さすが!甲斐信枝さんの作品!!といいたくなります。
    1つ1つの植物の姿がとても丁寧に描かれていて、、
    小さなお子さんでもちゃんと理解できるようなわかりやすい言葉で、しっかり説明してくれています。
    ちなみに監修は、時々この「かがくのとも」シリーズで甲斐信枝さんと組まれている「森田竜義」さんでした。

    実はそんなに植物が得意でないので、この作品を読んで、初めてふきのとうには雄のふきと雌のふきがあって、根っこがそれぞれ別だということを知りました。
    根っこが違うということはかぶというか、元々の種が、初めから雄の種と雌の種があるということでしょうか?(気になるので今度調べてみたいと思います)

    上手く2月の末か3月のはじめくらいに小学校の4年生以上の教室に読み聞かせに入れたら、ぜひ1度この作品を紹介したいと思います。
    アイヌの昔話「クナウとひばり」と一緒にコラボできたらより、ふきのとうが見たくなるかもしれません。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふきのとうについて

    ちょうど、この春、子供と
    ふきのとうを探して歩いていたので
    それを覚えていたようです。
    図書館でこの本の表紙をみると
    あれだーって言ってました。
    きちんと覚えてたんですね。

    しかも、ふきのとうってどのように成長してるか
    私も知りませんでした。
    分かりやすく、優しい絵で教えてくれます。
    文章は長いのですが絵をみるだけでも楽しめます。

    掲載日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。今の時期にぴったりのないようで嬉しくなりました。ふきのとうがどの様に成長するのかを分かり易く説明しているのが良いと思いました。特に雄と雌の見分け方を色で出来るのを知り勉強になりました。綿毛を使って子孫繁栄を効率よく行っているのが素晴らしいと思いました。ふきのとうを観察してみたくなりました。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れ

    春の訪れを知らせてくれる「ふきのとう」です。

    ほろ苦い味の「ふきのとう」のてんぷらが大好きな私です。

    表紙の絵も、裏表紙の絵もリアルでやっぱり食べたくなりました。

    黄色い花が咲いているのは、雄ふき。

    白い花が咲いているのは、雌ふき。

    黄色が多いので、たまに白いのを見つけて喜んでいた私でした。

    とても勉強になりました。

    やっぱり、ふきのとうを見つけると嬉しくなります。

    掲載日:2010/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の味覚として、ふきのとうは、いただきますが、この本を読むと、ふきのとうのことについて知らなかったことだらけなのがよくわかりました。
    ふきのとうには、黄色い花と、白い花があり、それぞれオスとメスであること、花が終わった後、地下茎から、茎が伸び葉がつくこと、などです。子供ももちろんですが、大人もきっと「へえ〜」と思うこと間違いなしです。
    写実的な絵でとてもわかりやすいです。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかったふきのとうのこと

    読んで「へえ、そうなのか」と感心しました。ふきのとうは食べたことはありますが、生態のことは何も知らなかったので勉強になりました。

    花が2種類あって、黄色い花がおす、白い花がめす、綿毛になることも驚きでした。折り込みふろくを読んでいたら、ふきのとうを2年間観察にして明らかになったこともあってそうで、科学絵本の下準備に感心しました。

    私達は観察のエッセンスだけをいただくわけですが、毎回新しい知識が増えて嬉しいです。

    掲載日:2007/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット