庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

さむがり王さまおばけの子」 みんなの声

さむがり王さまおばけの子 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年02月
ISBN:9784652006351
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
「さむがり王さまおばけの子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろかったです

    王さまがかぜをひいたら学校が休めると思ってうすぎになると、みんなが元気だとほめてくれるのがおもしろかったです。

    王さまも学校へ行きたくないんだと思いました。

    王さまがサッカーボールといっしょにとばされたからびっくりしました。

    かえってこれるのかなと思いました。

    さいごはほっとしました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現実なのか!?

    このお話は、サッカーをしていた王様が友達の女の子の強烈なシュートを受け止めたら気を失ったのか、白いおばけと黒いおばけの家へ飛ばされて不思議な体験をするお話でした。この二匹のお化けは変わっていて、暑いと寒いの言っている意味が逆なのです。うちの子もこのお話を聞きながら「どっちかわからなくなってきた〜!!」と言ってちょっとパニックになっていました(笑)

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校に行きたくない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    学校に行きたくないなんて王さまも普通の子と変わりませんね(笑)。
    さむがりやの王さまもおばけたちには敵わないようです。
    ものすごく冷たそうな環境の中なのに汗をかいたり、やはりおばけと人間は別物かと思ってしまいました。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは風の子

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    王様シリーズにはまり始めた息子がぼくは王さまの次に読んだ本です。
    ぼくは王さまに比べると字が大きく、全てのページに大きな絵があり、絵本に近い幼年童話といった印象です。

    ずる休みしたくて頭が痛いと言ったのに、休ませてくれなくて風邪引いてやる!と薄着で登校したけれど、なぜか先生に褒められ、皆も見習うようにって。
    友達は寒いのに靴下を脱ぐように言われご立腹。
    仕返ししてやる!
    この仕返しの仕方が子どもらしくて微笑ましいです。

    また、息子は飛ばされた先で出会ったオバケの言っていることが理解できず、何度も読み返していました。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット