おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

うるさいゴミの日」 みんなの声

うるさいゴミの日 出版社:カワイ出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年10月
ISBN:9784760945689
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「うるさいゴミの日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音の話

    図書館に行くと息子がたくさんある絵本の中からいつも選び出してくる絵本です。

    かなり神経質な作曲家のライオンが「にぎやか通り」に引っ越してきたために起こるトラブルの話です。ライオンは、やかましさに文句ばかり言い、うるさくて気に入らないものはすぐに飲み込んでしまいます。うるさいものをゴミに出そうとしたら、ゴミ収集の人に「うるさいゴミの日」に出すように言われ、文句を言いながらそうすると・・・。「あんたが一番うるさい」とゴミ収集車へ!

    着いたところは、静寂のゴミ置き場。音がまったくないと、実は作曲もできないことに気付き、にぎやか通りに戻ります。なるほどね、と思わせる愉快な話です。

    ストーリーを全部理解しているかどうかわかりませんが、息子は時々この絵本の真似をして「あんたが一番うるさい」と私の顔を見ていいます・・・。

    掲載日:2011/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「うるさいゴミの日」があるなんて

     黒いゴミ袋を片手に二つずつ持ったライオンさんの表紙絵が、面白くて選びました。
     きっと、ゴミの日に注意を受けて『面倒くさいな〜』って思っているライオンさんのお話しだろうと読みました。

     読んで、あらまあ。
     だいぶ違うお話しでした。

     神経質な作曲家のライオンさん。
     周囲の音にイライラ。
     その音を消そうとして、したことにドキリでした。

     ゴミ収拾所の立て札に、笑いました。
     燃えるゴミの日
     燃えないゴミの日
     うるさいゴミの日
     が、あるなんて。

     清掃員の人に文句を言って、収集車に押し込められゴミの埋め立て地へと運ばれて、音がない世界の淋しさに気づいたライオンさん。

     「どんな音だって歌っているんだ」
     という、風さんの言葉が印象的です。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット