雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ほわほわさくら」 みんなの声

ほわほわさくら 作:ひがし なおこ
絵:きうち たつろう
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784774317076
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,916
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 歌っているみたい☆

    「さくらがまるで歌っているみたい!!」

    桜の花びらが春の暖かな空気を滑るように・・・
    ほわほわふわん
    ほろほろほろほろり
    さらんさらんさくら
    ・・なんて素敵な表現。

    さくらの花びらに小さなお顔がついていてそれをたどるもよし、
    さくらの視線や男の子の視線から描かれている風景を味わうもよし。
    小さな絵本の中に張るがぎゅっと詰め込まれた一冊。

    かわいらしい絵本に出会えたことに感謝。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • かすみか雲か

    日本ですから、やっぱり春と言えば桜ですね。
    小さなかわいい花びらなのに
    あたり一面を春色に埋め尽くす桜ってすごいですね。
    あたたかな心地よい大気を、春独特の空の色や匂いを感じます。
    ほわほわくるくると桜を満喫できる絵本でした。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜〜!

    桜の時期に図書館で借りて読みました。
    一人の男の子が満開の桜の中で、花弁を追いかける様子が描かれています。
    ちょうどこの絵本に描かれているような、川岸の桜を観に行ったあとだったので、1才半の息子にもわかりやすかったと思います。
    以前、同シリーズの『あめ ぽぽぽ』を読みましたが、
    こちらも擬音語が少し変わっていて、読んでいてほんわかした気分に包まれました。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心地よいおと

    ちょうど桜の開花のニュースがたくさん流れた日に読みました。
    桜の情景をうまくおとで表しています。
    特にほろ ほろ ほろりは ああ、そうだなー、そんな感じだよねと。
    絵もへんに漫画ぽくなくて綺麗な色彩がこのお話に合っています。

    今年も娘と一緒に桜の中をゆったり歩こう、そう思いました。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春!

    やさしい言葉が、さくら色の絵に舞っている感じです。
    どこのページを開いても、さくら色。現実の桜はまだ咲いていませんが、一足早くお花見をしたような気になります。
    季節ごとにその時期の絵本を飾るのですが、これだけ桜一色の絵本には出会えていませんでした。桜の時期に部屋にもさくらを飾りたい。
    一冊持っておきたいかも……。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桜の季節に!

    桜の季節に読みたい絵本です!
    桜の花びら1枚にだって春を感じ自然を感じる子供の姿が描かれている絵本だと思いました。
    こういう絵本を読むと,子供にとって外遊びの大切さを感じます。
    たくさん自然と触れ合って四季を感じてほしいです!

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • さくらっていいな

    「きせつのおでかけシリーズ」どれも大好きです。オノマトペがたくさん味わえるリズムの良い文章と、鮮やかでオシャレな絵。シンプルですが臨場感があって、存分にその季節を味わえるのがいいです。
    春はさくら。満開のさくらのシーンを見るたびに、やっぱりさくらっていいなと思います。
    ほわほわ、ふわん、ほろろん。とさくらの音もやさしくて素敵でした。
    いつ読んでもさくらが恋しくなる絵本です。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • さくらの季節に

    さくらの季節に読みたい1冊です。
    さくらが散る様子を音でうまく表現しています。
    どちらかというと、赤ちゃんが好きな音かな?という感じはしますが、絵もきれいですし、2歳くらいの子でも十分楽しめます。
    一口に桜が散るといっても、こんなに色々な表現方法があるのですね。今までさくらのことを「ほわほわ」と言ったことはなかったです。
    日本語の語感の豊かさを感じました。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • さくらにつつまれて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    お花はさくらが一番好きです。
    この絵本はさくらがすごく感じられる本でした。
    さくらの花びらがふわふわしていて、全ページさくらいろがたくさんでタイトル通りまさにほわほわさくらだなーと思いました。
    お花見でにぎやか騒ぐ系の本ではなく、静かにさくらを楽しむ絵本です。
    文章も少ないので幼い子に読むのにもいいですね。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散りばめられた桜色

    ぼんやりとした春の空気が、詰まっている絵本です。

    春も桜も大好きなのですが、
    「春」ってとっても短いですよね。
    春夏秋冬の中で、一番短いんじゃないかしら?

    そんな春を感じることが出来るこの絵本。
    開くと、なんだかのんびりとした気持ちになります。

    散りばめられた桜色が、目と心に優しくうつりました。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおるすばん / じゃあじゃあびりびり / アボカド・ベイビー / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット