おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話」 みんなの声

けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話 作・絵:黒川みつひろ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784772101981
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  恐竜の化石を見て、足に骨折の跡があることが分かるとしても、それが治ったことも分かるのですね。スゴイです。

     私も恐竜の化石を見たことがありますが、大き〜いと思うくらいで、もし説明文に足の骨折の跡について書かれていたとしても、黒川さんのような想像はできなかったと思います。でもたしかに骨折している間は食べ物を得ることもできないでしょうし、最強のティラノザウルスとはいえ、敵から襲われることもあるでしょう。 それが家族によって守られ、怪我が良くなったのなら・・・う〜ん、不思議ではないですね。でも恐竜ですから、やはり不思議・・・

     恐竜にも家族の愛があったと思いたいですし、そして恐竜をとても身近に感じさせてくれました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ティラノサウルスのお母さんは強い!

    黒川みつひろさん好きの息子と共に。
    化石が語るシリーズは2冊目。
    恐竜の王様、ティラノサウルスの化石の足に骨折した跡が
    普通、骨折したらそのまま飢え死にしてしまうだろうに
    この化石の恐竜は怪我がなおってまた歩けるようになったということ
    何故?
    から始まるストーリーは、
    恐竜の心温まる家族で助け合いのお話でした。。。
    いつの時代も母は強しだなと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティラノサウルスの心温まる…

    4歳の恐竜好き息子と読みました。
    著者の方が足のホネを折ったT-rexの骨格化石から想像した話。
    心温まるお話です。
    そして、なかなかない。
    いつもはどちらかというと悪で描かれる、獰猛なティラノサウルスの、
    家族愛に満ちた話ですから。
    …なお、最近の学説で、このティラノサウルスたちにも羽毛らしきふさふさした体毛が描かれているのかなあ。

    息子もとても喜んで何回も読んでいました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話かもしれませんね

    戦隊ものの番組に恐竜がでるようになってから
    恐竜に興味を持ち始めた息子(単純です!)
    さっそく図書館で借りてきました。

    骨折を完治した痕のある化石ってすごいですね!
    まずそこに感動してしまいました。
    化石ってそんなことまで分かるんですね〜
    親子でスゴイネ!と共感しあいました。

    化石の話から親子愛の話しへと移っていくので
    難しい展開もなく5歳の息子でもしっかり理解できました。

    この絵本を読んでから、化石発掘に興味を持ったらしく
    行く先々で化石を探すようになり(笑)
    木の根っこを見ては「恐竜の足の化石だ!」と叫んでいます。
    一度本物の化石を見せにいかなくては・・・

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 化石から思い浮かべて

    獰猛なイメージのあるティラノサウルス。
    この恐竜の化石を見たことから、思い浮かべた物語とのことです。

    ティラノサウルスの家族の絆を感じました。
    それにしても、母は強しですね。

    今までは、化石を見ても「大きいなー」というくらいしか思わなかったのですが、この絵本をきっかけに少し見方が変わってきそうです。

    掲載日:2012/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 肉食恐竜の家族愛

    恐竜大好きな子供が飛びついた絵本です。
    当然仮説に基づいたストーリーですが、その根拠も確かにあり、
    大人にも新しい話でした。
    マイアサウラなどは子育てをした恐竜として聞いたことはありましたが、肉食恐竜、しかもティラノサウルスにも同じような家族愛があったかもしれないんですね。
    良く考えれば別に不思議なことではないのでしょうが、ティラノサウルスをそういう風に考えたことも想像したこともなかったので、とても興味深い絵本でした。
    子供はといえば、緻密な絵で、すぐに何の恐竜か分かり、普段は肉食竜を強いが悪者、草食竜を弱いが優しいモノ、と捉えていたのが、今回ばかりは逆転。
    ティラノサウルスにすごく感情移入していました。
    強くてかっこよいばかりではない肉食恐竜の話を読んであげられたのは、とてもよかったです。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜がより身近になった一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    怪我をしたティラノサウルスのメスの骨格化石から、
    そのティラノサウルスの一家の物語を
    想像して描いた一冊です。

    昔、恐竜たちがどのように生活していたのか。
    他の種類の恐竜達とのかかわりもまじえながら、
    ストーリーがわかりやすく展開していきます。

    お母さんを中心とした家族の物語で、
    5歳の息子にもとてもわかり易く、
    恐竜の世界をより身近に感じられた一冊でした。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット