ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう」 みんなの声

だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう 作:ブルース・ゴールドストーン
訳:まつむら ゆりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784834024760
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,148
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいたい、って大切

    算数が大好きな息子、数字系のお話の絵本を見つけたらとりあえず読みたがります。
    この本も、図書館にある数字の絵本の棚から自分で見つけ出してきました。

    数を数えるとき、算数の授業中ならともかく日常生活では、「だいたいいくつ」という概念の方が実は有用だったりしますよね。
    このくらいなら10くらい、このくらいになると100くらい、といった感覚。

    この本では、「だいたいの数」を視覚に訴えて教えてくれます。
    最初に出てくるのは、お風呂で遊ぶようなおもちゃのアヒルちゃん。
    これが10羽、100羽、1000羽、そして10000羽いたらどのように見えるか・・・
    10000という実際の数を目の前にすると、なかなか壮観です。

    それから、だいたいの数の数え方。
    小さな升目を作ってその中の数を数えて、升目倍する。
    長さ・高さのだいたいを測るには、なにか基準になるものを考え、それの何倍くらいかを考える。などなど。

    息子と一緒にこの本を読んだのですが、いろいろな写真の中でだいたいの数をクイズのように当てっこしているうちに、だんだん私も息子もだいたいの数のイメージがつかめたような気がしました。

    お勉強と肩肘張らずに数字に楽しく親しめる絵本です。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大体数えるコツ

    大体数えるコツ、興味深い視点です。
    表紙から圧倒されますね。
    アヒルのおもちゃを5時間かけて1100羽並べたんですって。
    要は小さな一部分を数えて、掛け算でとらえる、なんですね。
    測り方だと、基準の物と比較して推測するのです。
    頭の回転の遅い私には、やや難易度が高かったですが、この視点大切だと思います。
    でも、見るものすべてが数える対象になる感覚は面白いです。
    掛け算の要素が必須なので、小学校高学年くらいからでしょうか。
    大人も頭の体操にいいと思います。
    願わくは、全ての解答があればよかったのですが、少し無理なお願いかもしれませんね。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 概算って結構必要

    すごい!と思いました。
    大人になると、細かい計算より、
    「だいたい何センチ」「だいたい何個」っていうことって
    結構必要なんですよね。
    ぱっと目で見てそれがわかると
    いろいろ役立つ。
    そういうことが詰まっている一冊です。
    アヒルのおもちゃがだいたいいくつっていうので
    始まるのですが、どわーーーっとアヒルがいる中の
    一つだけ後ろ向きになっていたりして
    遊び心もあります。
    これは、もっていてソンはない本ですね!

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「だいたい」の重要性

    普段、多くのものを数えることに「だいたいこれくらい」と自然とやっていることですが、絵本にすると改めてこのだいたいの重要性が明らかになっていく感じがします。「確かにこうやったら数えやすいね」と、大人も勉強になることが多かったです。
    子どもたちもたくさんのアヒルが並んだページに大興奮。こんなにかわいく楽しく数の勉強ができるなんて、素晴らしいと思いました。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数に興味

    数の本ですが、福音館らしいアプローチの仕方だなとおもいました。教えるのではなく、数に触れたり、みんなで考えたり、する本です。だいたい、って大人は使うけどはっきりしていない数ですよね、そのことをよく説明してあります。言葉では出来ないことをしてしまうのが福音館のすごさです!物を見ること、考えるときのヒントになるかな。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット