もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」 みんなの声

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん 作・絵:高野 文子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2014年02月
ISBN:9784834080490
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,897
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 今までなかった視点

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    毎日、必ずつかう寝具。
    使わない日は絶対にないのに、
    そういえばこんな風に、
    寝具たちが守ってくれてると思ったことはなかったなぁ。

    おねしょをしませんように、
    冷えた手足を、あたためてください、
    わるいゆめを、みませんように。

    おふとんたちは全力で、
    寝てるわたしたちを、まもってくれてるんですね。

    今日からは娘と一緒に、
    「いつもありがとう、
     今日も、いいゆめをみせてくださいね。」って
    まくらさんにお願いしてみようかなと思いました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 漫画家が描くのは変ですか

     この絵本の作者高野文子さんは漫画家です。
     2003年には『黄色い本』で手塚治虫文化賞を受賞するなど、多作ではないが、漫画ファンにとって欠かせない漫画家の一人といえます。
     そんな高野さんが初めて絵本を描いたのが、この作品です。

     高野さんの漫画は子ども受けをする作品ではないのですが、この絵本は「幼児絵本シリーズ」の一作としてつくられています。
     どういうきっかけだったのかわかりませんが、高野さんと絵本というのはなかなかユニークな組み合わせだと、私などは思ってしまいます。
     しかも、この作品の題材が、敷ぶとんに掛けぶとん、それに枕というのですから、変わっています。
     はてさて、どんな絵本なのかしら。

     敷ふとんや枕といった日常的に使うもの、といっても最近の子どもたちはベッドで寝るのが多いでしょうから、ふとんと敷くということもわかりにくいかもしれませn。
     幼い子どもに読み聞かせる時には、少々アレンジしてあげてもいいでしょう。
     敷きふとんたちの役目をいいリズムの文でつづっています。
     特に気にいったのは、「まくらさん」のお役目。子どもが枕に「おっかないゆめ」を見ないように頼みます。
     「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」、枕はもし頭に「おっかないゆめ」がわいてでてきたら、鼻息で吹っ飛ばしてあげると、頼もしいかぎりです。
     これは大人の私でも頼みたい。
     「おっかないゆめ」を見るのは、子どもばかりではないのですから。

     絵の線はいかにも高野さんらしい、ちょっとためらいのある線です。高野さんの漫画が好きな人はこの線がいいのではないかと思います。
     それに色使いもいい。
     初めて絵本を描いてみて、そういうところに心を配ったのではないかしら。
     眠る前にこういう絵本を読んでもらったら、きっといい夢を見るのだろうなぁ。
     そして、この絵本を読んだ子どもたちが大きくなって、高野さんの漫画を読むんだと思ったらら、それもなんだか少しばかりうれしい気分になるものです。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供たちが気に入りました

    私ははじめ、なんか不思議な感じの絵だなぁくらいにしか思わなかったのですが、子供たちがとても気に入りました。
    子どもが眠りにつく時の不安を、しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさんが守ってくれます。そのやりとりが詩のようなリズムで繰り返されます。
    私はあまり気がついていなかったのですが、「おしっこしないように」、「怖い夢を見ませんように」と、子供たちは結構気にしているんですね。「まかせろまかせろ、おれにまかせろ」とふとんさんやまくらさんに言ってもらえて安心した様子でした。
    眠り前に読んだら効果抜群でしょう。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 頼もしい・・・!

    漫画家の高野文子さんの初の絵本ということで
    手に取って読んでみました。
    まず、言葉のリズムが心地よい。
    まかせろ、まかせろ。
    なんて頼もしい…!
    絵もはっきりとした線で見やすく、色彩もグラフィック調でおしゃれ。
    ずっと長く読まれる作品だと思います。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 寝るのが楽しくなる!?

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ちょうどトイレトレーニングをしている年齢の子へのお昼寝前の読み聞かせ。
    『わたしの おしっこが よなかに でたがりませんように』
    この場面で笑う子がたくさんいました。

    しきぶとんさん・かけぶとんさん・まくらさん
    男の子のお願いに、『まかせろ まかせろ おれに まかせろ』
    ど〜んと構えている寝具たちがとっても頼もしく感じます!!
    さん付けで読んでいるところも楽しい部分です☆
    この絵本を読み終わってお布団に入った時に、『あしを あったかくしてください』と言った子がいて、絵本の世界が広がっているのを感じました!

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • まかせろ まかせろ おれに まかせろ

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    漫画界で独自の世界を築きあげている高野文子が、絵本の世界へやってきました。『火打ち箱』(1996、フェリシモ出版)では見事な切り絵で新しいアンデルセンのお話を見せてくれましたが、今度は彼女がテキストを書き、絵を描いた絵本です。期待が高まるのも当然です。

    全体的にほのぼのとした雰囲気で、色彩も豊か。作者がよろこんで作ったことが伝わってきて、子どもたちも安心して手に取れる絵本です。

    子どもにとって、夜一人で寝るのは、ちょっと怖いこと。でも、実は、「しきぶとんさん」と「かけぶとんさん」と「まくらさん」に守られていると知ったら、もう怖くなんかありません。とにかく、「あさまで よろしく」頼んでおけば、良いのです。おねしょだって、つめたい手足だって、ころんで血のでたひざだって、おっかないゆめだって、みんなみんな、「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」と引き受けてくれるんですから。

    この絵本さえあれば、どんな子どもも大丈夫。もう寝るのは怖くありません。きっと「おれに まかせろ」と言う声が、子どもたちの心のなかで響いていることでしょう。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 毎晩 布団の中にはいると幸せです 
    一日の疲れを 布団と枕が 癒してくれるのです  眠ることの幸せ

    しきぶとんと かけぶとん まくらさん 宜しくお願いします
    布団で寝ている姿が とってもリアルで 寝姿が かわいくて 微笑ましい絵本ですね

    おねしょも あさまで まてよと なだめてくれるなんて 嬉しいじゃないですか!
    布団達は きもちよく 「まかせろ まかせろ おれに まかせろ」
    怪我しても  ふとんが ちゃんと なおしてくれて 朝を迎えられるなんて なんて ありがたいことでしょう!
    怖い夢も 大丈夫    「おれに まかせろ」 こんな安心感のもてる 布団と枕に ありがとう  お礼の言葉が言いたくなりますよ

    布団の描き方 絵が ユニークで 楽しい!
    おっかない 夢を吹き飛ばしてくれるところなんか ぷっぷっぷーと すごくいいなあ〜    発想がすばらしい!

    掲載日:2017/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ絵本?

    寝入る時、寝具にこんな視点があれば、ぐっすり眠れそうですね。
    男の子が寝る時に、寝具たちに語りかけます。
    もちろん、寝具たちも、任せとけ、とばかりに力強い返答をくれます。
    おお、これは心強いですね。
    子どもにとって、眠る時も、こんな悩みがあったとは。
    なるほど、再発見です。
    親にとっても、斬新な視点だと思います。
    一種のおやすみ絵本とも言えますね。
    シンプルですが、素敵な発想に、拍手!

    掲載日:2017/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感謝したい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    お勧めされていたので4歳と1歳児に読みました。

    まさかこんな話だったとは、読み始めて驚きましたが、
    彼らのおかげでおもらしも怖い夢も防げてるのかもと
    納得させられる部分もあり、楽しく読めました。

    「まかせろ、まかせろ」のたのもしいこと!
    「これからもよろしくおねがいします」
    いつも寝ている間、
    子どもたちを親の代わりに
    守ってくれて本当にありがとうと
    感謝したくなりました。

    絵も味があってよかったです。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆるかわ

    しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさん。
    あさまでよろしくおねがします。
    おもらししないように、怖い夢をを見ないように
    お願いすると
    「まかせろ、まかせろ」と寝具たちが答えます。
    子供にとって寝具は絶対的に守ってくれる
    場所だって再認識。
    心が落ち着く七五調のリズム
    なんだかほっこりなつかしいイラストも◎

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット