庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

大きな絵本 ちゅーちゅー」 みんなの声

大きな絵本 ちゅーちゅー 作・絵:宮西 達也
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\9,000+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784790252078
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きいと感動も倍増?!

    先日、娘といっしょに読み聞かせ会に
    いったときに、これが出てきました。
    普通の大きさで読んだばかりだったので、
    大きいのもあるんだ!とびっくり。
    娘も、「あ! おうちにあるよねえ」と
    目を丸くしていました。
    もちろん話の内容も知っているのですが、
    大きい本を、大勢で一心に見つめて
    お話を聞くという体験は、
    なんだか、ちょっと新しい感動を覚えました。
    娘もそうだったみたいで、
    家に帰ってもう一度じっくり自分の絵本をながめていました。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 図書館のおはなし会に参加した時に見ました。大きいので、ちょっと離れたところからでも見やすく、絵も迫力がありました。ねずみを知らないねこと、3匹のこねずみが仲良くなってしまうお話でした。「ちゅーちゅー」が「だいすき」って意味なんだというのも、ユニークで面白いなと思っていましたが、これがキーワードだったんですね。木から落ちたこねずみをたすけようとしたねこは、こねずみのクッションとなって地面に落ち、死んでしまいますが、最後は「ちゅーちゅー」というねこの声がこねずみたちに聞こえてきて、心温まるお話でした。

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • にゃーごの続編

    同じ猫の「にゃーご」の続編シリーズです。

    意地悪そうな顔をした猫ですが、心情描写にすぐれている気がします。

    すなおになれたらいいのになと思いながら読みました。

    親子向けでよい作品だと思います。園児にちょうど良いかと思います。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと切ないです

    少し切ないけど心があたたまる本です。2歳で読みましたが、まだ少し早かったです。3〜5歳には良いでしょう。

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット