雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

きょうはとくべつなひ」 みんなの声

きょうはとくべつなひ 作:あらい えつこ
絵:いりやま さとし
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784774611518
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お兄ちゃんになる不安な気持ちがとても現れていて、それを克服する様子も描かれていて、とてもいい絵本でした。
    途中、不安な気持ちが押し寄せてきて、「お母さんとられちゃうぞ。そしたらだいちゃん、どうするんだい?ないちゃうのかい?」のところは、心がギュッとなった気がしました。
    子どもにとっては、弟妹が生まれることは、親を取られるという発想にもつながるんですね。
    でも、だいちゃんは、その不安な気持ちを吹き飛ばして、赤ちゃんを抱っこします。
    最後には、だいちゃんが「きょうは特別な日」といえてよかったです。
    だいちゃんが生まれた日も、パパとママにとって特別な日だったんだよって教えてあげたいです。

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • まあまあかな・・・

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    だいちゃんがお兄ちゃんになる日のことを描いています。
    最初は
    「きょうはとくべつなひ あかちゃんがうまれるひ」
    だったのに
    最後には
    「きょうはとくべつなひ だいちゃんがおにいちゃんになったひ」
    と、視点が変わっていて、そこはなかなか面白いなと思いました。
    そう。家族が増えた“特別な日”は、赤ちゃんにとってはもちろん、みんなにとって“特別な日”ですものね。


    けれど全体的には・・・

    弟妹が生まれる。お兄ちゃんお姉ちゃんになる。そんな上の子の複雑な心境を描いた絵本はたくさんありますが、そういう絵本たちの中では特別「いい!」といえる特色がない気がします。

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい

    愛らしい表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。母が自らが辛くてしんどい時にも”大丈夫”と主人公に声をかけているのが素晴らしいと思いました。兄弟を持つときに抱く様々な気持ちをこの絵本を読むことで自然と学べるのが良いと思いました。家族っていいな!兄弟が出来るって素晴らしいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット