なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね 作:今江 祥智
絵:植田 真
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784894325128
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,927
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 音が聞こえてくる気がする…

    ベットから駆け下りる正子ちゃんの表紙、見開きいっぱいの月夜で始まるお話、トトントトンっていう扉を叩く音から、裏表紙の静かに瞬く星空まですべてがステキなお話でした。静かな夜、モノトーンのお話だけに、トトンという音とかだけじゃなく、正子ちゃんの心臓の音やお母さんキツネの優しい声、草むらの風で鳴る音とかも聞こえてくるようで不思議です。
    寝る前の読み聞かせが絶対おすすめ。子供たちも心温まるいい夢を見てくれると思いますよ。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • ステキな夢の中へ

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     星がふるまよなか、私のなまえをよぶ声がする・・・
    植田画伯の、神秘的な構図が子どもの好奇心にふれる。
    ページをくる手にも、のぞきこむ目にも、
    怖さよりふしぎな夢のせかいの入口に立ったドキドキが
    「トトン、トトン」と聞こえる音と呼ぶ声に重なる。

     恩返しのむかしばなしは記憶におおい。
    しかしこの絵本は、すてきな夢のひとときを
    読む側、聴く、見る側に感じさせてくれる一冊だと思う。

     読み終えるとまた、やさしくぐっすり眠れる。
    ととん、ととん、トトンぎつねに
    感謝

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真夜中の訪問者

    植田さんの絵が大好きです。

    どこかにあるような、どこにもないような
    いつか見た夢の中のような…

    植田さんの描く風景にはいつも、うっとりゆったり浸ってしまうのです。
    植田さんの絵は、不思議で優しい匂いのする世界によく合います。

    窓の外には吸い込まれそうな夜空が広がっていて、文章の背景の黒に飲み込まれてしまいそうな…
    とても美しい夜でした。

    キツネの親子がとにかく可愛いくて可愛いくてっ!

    おやすみ前に、静かに読みたい絵本ですね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの♪

    とても短いお話です。まさこにたすけてもらったきつねの親子が、夜中に恩返しをしに訪れるとゆう、シンプルな内容ですが、絵がとても繊細で綺麗ですーっとお話の世界に連れて行ってくれます♪幻想的で、ステキなお話だなぁと思いました。息子に読んであげたい1冊です。きつねのシッポ、ふわふわで抱きしめたくなりました(笑)

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何に使うんだろう?

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    全ページ試し読みで読みました。

    随分昔に書かれたというだけあって、なんだか懐かしいような気がするお話ですね。親切にしてあげたかわりにお礼をしてもらうという話は多いですが、しっぽは何に使うんでしょうか。

    音がするだけでも嬉しくなるから、十分ですかね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得はいきませんが

    きつねのしっぽを触る悪ガキに注意してくれた女の子のもとに、夜にキツネが訪ねてきます。そして、お礼にしっぽをくれるというのです。

    とまどう娘に、きつねの親はえりまきにしたり、ほうきにしたり、と必死で使い道を説明します。ほうきなんてもったいない!

    でもうんと言わない娘に親狐はむりにもうしっぽを抜いてしまいます。ええー!しかもポンッと音がするのです。びっくりするだろうなあ。

    そして帰っていく親子キツネにはすでにしっぽが1本ずつ生えているという、、、。

    しっぽを抜くくらいなら触られているほうがいいのでは?
    親狐のしっぽは抜いてもまたはえるの?

    と、納得いかない部分もありますが、美しい話ではありますね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感謝の気持ち

    とっても優しい雰囲気の絵本です。
    正子ちゃんときつねの親子のやりとりが静かに語られています。
    いたずらな男の子から勇気を出してこぎつねを助けた正子ちゃんにお礼に訪れたきつねさんたちの一生懸命な様子が本当に愛らしくて、いとおしい気持ちにさせられました。
    この雰囲気はまだ息子には伝わらないな、と自分だけで読んでしまいました。
    素敵なしっぽはきっと正子ちゃんの宝物になったんでしょうね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続きが読みたい

    え?終わり?
    まだ、序盤を読んだだけのように感じました。
    不思議で静かで、でもちょっとドキドキして、なんだか日本が舞台とは思えないような(それは挿絵の雰囲気が)そんな絵本です。
    さぁ、ここから大きく物語が始まる!?というところで終わってしまったのが残念ですが、たくさん想像が膨らみました。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽをくれた!

    動物園でしっぽをひっぱる男の子たちを止めたら女の子の家に、キツネが感謝して夜に会いに来ます。

    親ぎつねがポン!という音がしてしっぽを取って、女の子にあげます。いろんな使い方があるよと言われても、、、、痛そうだけど大丈夫なんでしょうか。

    でも帰るキツネにはすでにしっぽがまた生えている???

    ミステリアスな本でした。娘は気に入ったようです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    絵がとても大人っぽいので、子供にはちょっとなじめないかもしれません。
    むしろ大人向けの絵本のような気がしました。

    とても不思議なお話です。
    現実ではありえないのでしょうが、でも実はこんな世界があるのかもなんて空想したくなるようなそんなお話。
    きつねさん、なんだか健気でじーんときてしまいました。
    絵の雰囲気とストーリーが合っているのもいいですね。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット