雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

月のうさぎ」 みんなの声

月のうさぎ 作:前田式子
絵:司 修
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,408+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784593593187
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「月のうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう1つの「月のうさぎ」インド版

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    こちらはタイトルにも書きましたが、インド版の「月のうさぎ」です。この話は他に、中国のものや日本のものがあります。
    みんなそれぞれお国柄が出ていて少しづつ内容が違いますが、
    この絵本が他の絵本や民話と大きく違うところは、神様の名前(「インドラ」といういかにもインド的な名前です。)と、
    最初にお客としてやってきた神様の姿が、ゾウとして描かれているところです。

    確か中国の昔話でも日本の昔話でも、「神様」は人の姿をしていました。
    画を描かれている司修さんのインド的イメージだったのでしょうか?
    この絵本だと、うさぎがたき火に飛び込むシーンがおどろおどろしく描かれていないので、安心して小さなお子さんにも読んであげられます。
    ただ、大勢いる場所での読み語りに使うには、少々絵が細かくて薄い色合いを使っているので、遠くのお子さんには見づらいかな〜と、感じました。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット