モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

おまけのペンギン・タッキー」 みんなの声

おまけのペンギン・タッキー 出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年07月
ISBN:9784894231399
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
「おまけのペンギン・タッキー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タッキーが子ども心をわしづかみ!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    初め、私の感想は「タッキーがとぼけていて可愛い」位だったのですが、
    息子達は「これ面白ーい!」とかなりの反応。
    2回目を読み始めると
    「なにかおもしろいことはない?」とバシバシ背中を叩いたり、
    「1・2・3・4・2」と行進したり、
    タッキーの真似をして、兄弟で大ふざけ。
    ・・・そ、そんなに面白い?と何度か読むうち、
    私もじわじわとタッキーが好きになってしまいました。

    タッキーの5人のペンギン仲間は
    いいこのグッドリー、かわいいラブリー、美しくて優しいエンジェル、きちんとしているニートリー、完璧なパーフェクト。
    マイペースで、皆とはどこかずれてしまうタッキーは「おまけ」。
    大きい子達の遊びに、小さい子が混ざる時
    皆と同じことが難しいから、おまけ扱いにする、あの「おまけ」でしょうか。

    でも、ハンターがやってきたとき、タッキーの「かわいいペンギン」とは違う、自分らしさが武器になるのです!
    こんなうまくいく?と思いつつも
    ふと、自分を持っている子は、いざというとき強いというのは真実かも、と考えたりもしました。

    子どもたちは、幼稚園でも、学校でも、
    みんなと同じにしなくちゃいけないプレッシャーがあって
    それはある程度、集団生活には必要なことだと思うのだけれど
    陽気で(アロハシャツ着てます)、自由で、毎日を楽しんじゃってるタッキーが
    すごく魅力的なんでしょうね。

    仲間たちとおとぼけタッキーの対比が描かれた絵がユーモラスで、
    息子は絵を見ただけでも、クスクス笑っています。
    幼児さんから小学校低学年位のお子さんに、
    楽しくなりたいときにおすすめです。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的

    見かけもやることもちょっと個性的なタッキーです。

    でも逞しく生きているなあって思いました。

    人よりちょっと違っていてもタッキーのように動じないで逞しく生きて

    いってほしいと願いました。

    仲間を助けることが出来たタッキーは、これからも仲間を大切に生きて

    いくと思うし、仲間もタッキーを見直して尊敬してくれたと思うと嬉し

    くなりました。なんだか、とても勇気を貰った絵本でした。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり取り越し苦労に過ぎません

     息子の小学校のお話し会の帰りに、図書室を覗いたら4冊ありました。
     『以前きっと、お話し会で同時に全クラス読んだことがあるんだな』と思い開いてみました。

     美しい氷の国に、個性豊かなペンギンが住んでいました。
     ほかのペンギンたちとちょっと違う。
     天真爛漫というか、開放された心の持ち主というか、とっても自由奔放です。
     ほかのペンギンからは、異端児的視線を送られてもお構いなし。
     破天荒な行いに、皆引き気味にも関わらずゴーイングマイウェイなタッキー君。

     こんな子どもを持つ親はさぞかし、たくさんの取り越し苦労を背負うことになりそうです(笑)。
     でも、やっぱり取り越し苦労に過ぎません。
     ほかの誰よりも、きちんと“生きる力”がついていた!

     強面なハンターの前でも動じぬタッキーの様子が、こどもたちには痛快なんだと思います。
     ハンターたちが拍子抜けどころか、ある種恐れをなして退散するページも面白い。
     この事件でほかのペンギンたちが、タッキーの個性を初めて認めるラストも、読後気持ち良いですね。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / よるくま / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット