うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

かりのけいこ」 みんなの声

かりのけいこ 作・絵:吉田 遠志
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年4月
ISBN:9784897848815
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「かりのけいこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ライオンの子育て

    少し地味な仕上がりですが、学ぶところの多い絵本です。
    若いライオンの狩りのけいこ。
    今度はお母さんライオンと一緒です。
    イボイノシシだとか毒ヘビだとか様々な動物と出会いながら、経験を通していろんなことを学んでいきます。
    そして、いかにライオンといえども万能ではないということも。
    動物の母親は身を挺して子どもを守る。その強さはとても計り知れないことも。
    数々の危険をおかして狩りを覚えていくのですね。

    ゾウと違ってライオンは家族で行動するのでした。そして、母親の役割、父親の家長としての役割。
    人間に照らしてはいけないけれど、家父長制度のような構図。
    野生の厳しさも感じました。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かりってなーに?

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    迫力ある絵にひかれて読み聞かせましたが・・4歳の息子にはまず「かり(狩り)」の説明から。
    動物って絵本の中では主人公で可愛い存在が多く、動物園では異種が一緒にいることもなく、なかなか何かを獲物として追うという状況は理解しづらかったようです。年齢からいってそれほど残酷性を伝える必要もないと思い、できるだけやんわり説明しました。
    人間とはまた違いますが、子育てという意味では考えさせられるところもありました。

    掲載日:2008/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本から学んだこと

    動物にとってのかりはとても重要です。いつも恐竜本から、かりの様子をしってきた我が子は、今度は動物の世界へ。いくどとなく失敗しながらも、ついに獲物にありつけることになります。

     しかしながら、我が息子は、どこをみているのか?狙われたイボイノシシの子どもと、一生懸命ライオンから逃れてきた我が子を守るイボイノシシのお母さん。そしてヌーの集団と獲物となってしまったヌーの様子を話を聴きながら、疑問を解いていました。子どもにとって、強い動物につかまっていく過程は、結構、興味深いもののようです。

     狩の様子を詳しくかかれていますが、逃げていく小さいヌーの様子が絵本の中になかったのが少し疑問だったらしいです。

     本当に子どもっていろんなところをみて、いろんなことを考えているんですね。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二度目のトライ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    狩りのデビューしたての若い3匹のきょうだいライオンの狩りの様子を描きます。
    印象的なのは、狩りをするライオンも、常に身の危険にさらされていること。
    おかあさんライオンは一つ一つ教えていくのですね。
    後半はヌーの群れの狩り。
    『まいご』で描かれたおかあさんヌーとの空白の時間がしっかりと描かれます。
    なるほど、あの傷跡に納得です。
    そしてようやくおかあさんライオンが別のヌーを・・・。
    仕留められたヌーのシーンもありますが、
    しっかりと見届けてほしいです。
    それは残酷ではなく、弱肉強食の世界。
    私たち人間もそんな命をいただいて生きていること、
    この絵本を通じて感じ取ってほしいです。

    掲載日:2007/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 厳しい自然界

    厳しい自然界で生きていくためにはかりは大切なことです.かりをするほうもされる方も命がけです.
    子供達はライオンがヌーに飛びつくところではじっと絵本に見入ります.あばれるヌー,必死にくらいつくライオンたちの息づかいが聞こえそうなほど迫力のある絵がすばらしいです.アフリカの広々とした草原も絵本を通して感じられます.

    掲載日:2006/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物界においても、母は強し

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    <アフリカのどうぶつたち 第1集 ライオンのかぞく>のシリーズ。
    3匹の若いライオンが、母ライオンに狩を教えてもらうお話です。
    この物語に登場する、イボイノシシのお母さんと、ヌーのお母さんの子供を守る使命感に燃えた母の愛情の強さには、胸を打たれます。特に、ヌーのお母さんが子供が狙われたために、自ら囮となり、3匹のライオンに襲われるシーンは、本当に涙なしには読めません。
    でも、自分がもしも、ヌーの母親の立場でも、おそらく同じことをしてしまうのだろうなー。
    とにかく、百獣の王ライオンといっても、一人前になるのは簡単ではないし、生きてゆくのは大変だということがわかります。

    掲載日:2004/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンの子供の狩りの練習

     吉田遠志・動物絵本シリーズ<3>アフリカ

     肉食動物であるライオンは「いきていくためには、じょうずに かりが できなくては なりません。」
     そこで3匹の若いライオンは狩りの練習を始めます。テレビなどで肉食動物が狩りをしている様子を見ると無抵抗で食べられてしまう草食動物に方に同情しがちなのですが、この本を読むとどうしてなかなかライオンたちも大変なんだなあと思います。
     同じシリーズの <2>まいご と関係があり、襲う側、襲われる側それぞれの視点の違いから楽しむ事も出来ます。 

    掲載日:2003/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット