にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

雲のピアノ」 みんなの声

雲のピアノ 作:あまん きみこ
絵:いせひでこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年02月
ISBN:9784061956773
評価スコア 4
評価ランキング 20,118
みんなの声 総数 4
「雲のピアノ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピアノって素敵

    娘がピアノを習っているから思うわけではないのですが
    ピアノって素敵。夢がひろがるし、詩心も感じられる楽器
    だなあって思います。
    この物語はそんなピアノの調律をする「おじさん」が語って
    くれる不思議なお話です。おじさんが、いつでもお話をする
    前においしそうなお弁当を食べるところも魅力的です。
    どの物語も素敵ですが「海のピアノ」が一番好きでした。
    これから海に行く度にピアノの音色が聴こえてきそうに
    思います。

    掲載日:2017/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピアノの調律師

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ピアノの調律師のおじさんのお話。
    雲のピアノ、海のピアノ、星のピアノ、野のピアノ、森のピアノ、花のピアノ、ふしぎなピアノがいっぱい登場しますよ。
    依頼するのも言葉を話す動物だったり。
    5つのおじさんのお話が楽しめます。
    ファンタジー。
    いせひでこさんの絵もすてきでした。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 調教師という職人さんとファンタジーの世界

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    小学校の図書室で見つけました!
    知らなかった!
    あまんさん作品にいせさんの絵\(◎o◎)/!

    ピアノの調教師をしている素敵なおじさんの
    おはなしを、兄妹がとても楽しそうに
    聞いているんです
    最後には、逆転して・・・
    なるほどなぁ〜

    センテンスごとに
    こういう世界もあったらなぁ〜
    と、思うし
    つながりが見えるのもおもしろいです

    でも、これらの作品はいろいろ出品作品を
    取りまとめたものとのこと

    いせさんの、スケッチタッチの絵がなんとも
    素敵です
    エッセイの「グレイ」シリーズのイラストを思い出します
    絵本「雲のてんらん会」も見たくなります

    4年生位の女の子に人気のようです

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピアノの音がきこえてくるとうれしいな

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    ピアノの調律師を主人公にしためずらしいおはなしです。

    「こちら」と「あちら」の世界をつなげるのが上手なあまんさんと、「現在」と「将来」とを見渡せるいせさんの組み合わせに興味をもったので読んでみました。

    調律するのは、不思議なピアノばかり。ピアノが不思議というよりも、ピアノの持ち主が不思議というのが正確かもしれません。海の中にあるピアノだったり、大きくなったり小さくなったりするピアノだったり、絵の中の家にあるピアノだったりと、楽しく読むことが出来ました。
    しかし、あまんさんがあとがきに書かれていましたが、この連作ファンタジーをつくるのにかなり苦労されたそうです。私にも、あまんさんらしい、読者の心の中に余韻を残すお話が少なかったなと残念に思っています。

    一方、いせさんの絵は、描き込みむことを抑えることによって、読者の想像を膨らませることに成功していると思います。

    ピアノというものは不思議な楽器ですね。お話にピアノが出てくるだけで、ピアノの音が聞こえてくるような気がします。今回は、調律師ということもあって、ピアノが調律されているときの弦の音が響いてきます。子どもたちだと、調律師がどんな仕事なのか、わからない場合が多いと思いますが、あまんさんがわかりやすく説明してくれているので大丈夫です。

    この本を読んだ子どもたちにピアノの音が聴こえたらうれしいな。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット