十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

日本の昔話えほん 4 はなさかじいさん」 みんなの声

日本の昔話えほん 4 はなさかじいさん 作:山下 明生
絵:おくはら ゆめ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784251011541
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「日本の昔話えほん 4 はなさかじいさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 文、絵 ともに良かったです

    山下さんの読みやすい文章&おくはらさんの優しく可愛らしい絵。どちらもとても良かった!
    とくに、おくはらさんの絵。優しいおじいさん夫婦と意地悪なおじいさん夫婦の対比が、とてもわかりやすく描かれていて良かったと思います。

    優しいおじいさん夫婦は、とにかくにこにこ笑顔が素敵!こちらまで嬉しくなりそうな顔です。

    意地悪おじいさんがシロを痛めつける場面では、顔は怒りで目が血走っていて、おじいさんの残忍さがより強調されている感じがしました。


    くわで シロを ぶったたきました

    いぬを なぐりころし ほった あなに けりこみました


    など、強い表現の部分もあるので、苦手な子や怖いと思ってしまう子供たちもいるかもしれません。


    優しいおじいさんが枯れ木に花を咲かせる場面は、満開に咲いたピンクのお花、そして、そこにいるみんなの嬉しそうな顔に、見ている私も幸せな気持ちになりました。


    ラスト、牢屋に入れられた意地悪おじいさんの恨めしそうな顔ったら・・・。



    はなさかじいさんを探している方に、おススメできる山下&おくはらペアの作品だと思います。
    いつか学校でも紹介したいです。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ざんこくだけど・・・

    昔話に最近はまっている娘に、この絵本を読み聞かせ
    しました!!
    「はなさかじいさん」のお話をしたかったというのも
    あるのですが、もうひとつの理由は、この絵本の絵が
    おくはらゆめさんだったことです♪
    大好きな作家さんのひとりなので!!
    正直、内容は、犬を殺してしまったりと、ざんこくな
    お話であったりもするのですが、おくはらさんの温かい
    絵に、救われた気がします。
    娘も気に入っています。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっきりとした文章と、優しく温かい絵

    前々から娘たちに昔話を読んであげたいなーと思っていたところ、
    ちょうどおくはらさん絵の『はなさかじいさん』を見つけました。
    3歳と8歳の娘たちと読みました。

    お話は、いわゆるはなさかじいさんのお話ですが、
    優しいおじいさんおばあさんと、欲の深いおじいさんおばあさんの対比が見事に描かれていて、
    とてもわかりやすかったです。
    すっきりした文章と、おくはらさんの優しい絵がマッチしてとても良かったです。
    小さな虫や草花も何気なくそっと描かれていて、
    全体的に温かな印象を持ちました。

    8歳の長女は、悪いおじいさんがつかまったのが良かった、と言っていました。
    勧善懲悪、楽しめたようです。
    3歳の次女は、「かれ木に花をさかせましょう!」が印象的だったようで、
    読んだ後、復唱していました。
    はなさかじいさん、次女なりに楽しめたようです(^^)。

    これからもいろいろな昔話、娘たちと読んでいきたいと思います。
    昔話ビギナーのお子さんにもわかりやすくてオススメです。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすかった

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園でやるので、ぜひ前もってお話をちゃんと理解しているといいかなと思いました。私が小さい頃読んでもらったお話は、なんだかぐちゃぐちゃしてわかりづらくて、理解するまでに時間がかかりましたが、この絵本は結構わかりやすく書かれていると思いました。ストーリーの展開の仕方、場面の切り方、イラストなど、怖がらせる要素はなく、息子もすんなりと理解できた様子。これで準備ばっちりです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で読み語りをしているおばさんです。この「はなさかじいさん」は語りもすっきりしていて絵もダイナミックでこどもたちにもわかりやすくて大好評です。ただおばあさんの着物姿が名古屋帯に帯揚げ帯占め・・・どの時代でも普段にこの姿はないと思います。おじいさんの服装とのアンバランスもあり 気なってしかたがありません。絵本だからなんだってあり?でもやっぱり気になるおばさんです。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • そろそろ・・・と

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    そろそろ日本の昔話を楽しんで欲しいと思い読んであげました。
    しかし、3歳で少しびびりの息子には刺激が強かったらしく
    読んだのは今のところ一回きりになりました
    (これから大きくなって読むことでしょう)
    いじわるなおじいさんとおばあさんに賢い犬が殴り殺されてしまうところは、恐怖を通り越していたようです
    鬼とか怪獣とかが悪者でなく、同じ人間が悪者であるという
    昔話ならではの設定にまだ理解を示す様子はなく
    すこし時間を置いてから昔話デビューしようとおもいます

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度は読み聞かせて欲しい昔話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    日本の昔話を、文 山下明生で新しくシリーズ化したものの第4弾。
    ももたろう、かさじぞう、さるかにがっせんが既刊で、以下続刊とありました。
    語り継いでいきたい昔話が、こうした新しいシリーズで出版されるのは、非常に好ましいことだと思います。

    お話は、ご存知の通り枯れ木に花を咲かせるというところが、大きな見せ場。
    丁度桜前線が北上中の今は、まさにこの作品を読み聞かせるに相応しい時期ではないでしょうか。

    おくはらゆめさんの絵風が、実に昔話にマッチしているのもオススメのポイントです。
    一度は読み聞かせして欲しい作品。

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット