だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ホタルがひかってる」 みんなの声

ホタルがひかってる 作:奥本 大三郎
絵:石部 虎二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2000年
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「ホタルがひかってる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵だからこそエンドに少し不満が

    ホタルの季節になると我が家も近所の名所にホタルを見に行きます。
    幻想的で季節ならではの虫でもあるので毎年楽しみにしています。
    そして、夜にしか見られないというのも子どもごころにもワクワクするようです。
    この絵本もそんなホタルを見に行った後に手にした絵本です。
    ホタルの光る様子を表現するためか色彩も落ち着いた色合いでなんとなく昔の時代を感じさせるような雰囲気もあります。
    娘にホタルを見せてやろうとお父さんがサプライズする様子はわくわくしてみているほうもホタルを見たときの感動を思い出しました。

    ただ・・ひとつこの絵本の結末に不満を感じてしまいました。
    ホタルをお母さんにも見せたいという娘さん、そしてそうだね、もって帰ろうというお父さん・・

    ここで絵本が終わっていることです。

    きっとこの娘さんとお父さんもお母さんに見せてあげたら元の場所へ戻していたかもしれません。
    でもこの絵本を読んだだけではそこは推測でしかわからないのです。


    3歳の息子までもがこの絵本を読んで最後に一言

    「もって帰ったらだめやねー。ホタルさんしんじゃうね・・」

    おそらくこの一言が出てきたのはホタルが生息できる場所は水がきれいな場所ということもあり、わが子もホタルを見に行くときは鑑賞するだけ、触らない、もって帰らないということをお約束してから向かわせているからだと思います。

    虫が大好きな息子でもホタルが見られるというのは特別なことと理解しているように思います。
    今の時代ではホタルが生息する川を作っていくには、やはり努力も必要なのだそうです。


    とても素敵な絵本だと思うので・・出来れば母に見せてあげてホタルの素晴らしさを家族で共感して・・その結末として
    きちんと最後は池、川に返してあげようねというエンドにして欲しかったと思ってしまいました。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。暗闇に光るホタルの明かりが美し表紙にうっとりしました。主人公が始め怖がっていてもだんだんと楽しんでいくのが良いと思いました。お父さんが率先して楽しんでいるのも気に入りました。ホタルを捕って目の前で見る主人公の興奮した心の様子がありありと描かれているのが良かったです。ホタルを見にいきたくなりました。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット