ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

ひみつのかたつむり号」 みんなの声

ひみつのかたつむり号 作:佐藤 さとる
絵:村上 勉
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\505+税
発行日:1979年10月
ISBN:9784494026111
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「ひみつのかたつむり号」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学三年生のお話

    息子も四月からは小学三年生ということで小学三年生が出てくるお話を読んであげたいなあと思って思い出したのが、この本です。

    アキラとタツオとタカシという性格の違う男の子三人が出てきます。

    お話が始まる前に三人の性格が丁寧に描いているところが、今時のお話にはないことではないかなあと思いました。

    空き地に捨てられた自動車が三人の秘密基地のようになり「かたつむり号」と名付けます。

    続きを知りたくなって少しだけ先を読んだ息子か、自慢げに「どうしてかたつむり号になったか知っている」と言ったのが印象的でした。

    佐藤さとるさんには、秘密基地的なもの、自分だけの場所が出てくるお話「おおきなきがほしい」「ジュンとひみつの友だち」などがありますが、このお話はファンタジー要素がなく「わんぱく天国」に近いものを感じました。

    三人三様の個性が活きていますが、一番無口だったタカシの成長ぶりが目覚ましい気がしました。

    私はずっと前に読んだお話ですが、息子と共に読めて楽しかったです。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット