しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

学研おはなし絵本 そらにいちばんちかいところ」 みんなの声

学研おはなし絵本 そらにいちばんちかいところ 出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784052031236
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,186
みんなの声 総数 6
「学研おはなし絵本 そらにいちばんちかいところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きな鞄を持った雪だるまさんが、「空に一番近いところ」を訪ねると誰もが心良く親切にその場所まで案内しているのがとてもよかったです。当たり前のことが、なかなかしてもらえないこの頃なので、とても気持ちよく読めました。自分で知っている限りのことを提供する、うさぎさん、小鳥、犬、女の子の優しい気持ちを見習いたいと思いました。
    観覧車から雪雲を空に向けて大きく広げて、そこから降る雪が可愛く舞い舞ってました。親切にして不思議な秘密の雪を見ることができてよかったね!雪だるまさんの正体を知るまでドキドキでした!

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雪が降る瞬間

    寒い地方で暮らす私としては、冬まっさかりになって
    しまうと、いろいろと「はあ」とため息をついてしまう
    ことが多いのですが、それでも初雪が降る瞬間は、幻想的で
    いいなあと思ってしまいます。
    だからそんな雪について描かれた絵本も、素敵だなあと
    思います。
    この絵本も。
    そうか。そらにいちばんちかいところまでのぼって
    つめたいくもを空に放つのですね。あちこち、そらにいちばん
    ちかいところをさがしていて、最後に決めた場所が観覧車で
    よかったなあって思いました。ロマンチックだもの。
    空き地の鉄塔なんかじゃなくてよかった。
    娘は途中で「ゆきだるまじゃないのっ!」と気づいて
    喜んでいました。

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正体は・・・

    ずっとお話のなかで顔をかくした男の子。

    この子が誰なのか気にしながら読んでいました。

    最後に誰か分かるんですが、

    その最後の少し手前でふつうに正体がばれます。

    その種明かしがちょっと残念。

    隠すなら最後のページまで隠してほしいと思いました。

    ただ、お話に出てくる他の子たちは

    最後まで誰だったのか、分かってない様子でした。

    絵がかわいくて買いましたが、内容もかわいらしいお話です。

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • な〜るほど

    大きいかばんを持ったおとこのこが『そらにいちばんちかいところ』を捜し求めて歩いていくという繰り返しのわかりやすいストーリーで小さい子から楽しめる絵本です。

    空にいちばん近いというと、大人のわたしは『天国(=死)』をイメージしてしまったのですが、全く関係なかったです。
    こどもは先入観なくストーリーを楽しんでいました。

    最後の展開にはな〜るほどと感心しました。
    大きなかばんでお顔がみれなかった男の子の正体が最後にわかるのですが、その子をみて娘は大喜びしてました。娘もあ〜そういうこと!!って感じでした。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったのね!

    大きなカバンを持った男の子が「そらに いちばん ちかいところ」に
    行こうとしています。
    この男の子は誰?そして、何の為に??って、いろんな???が出てきました。

    男の子の正体は、途中で雪だるまと分かり、カバンの中身も明かされます。
    とっても、冬らしいお話なのに、何だか気持ちの暖かくなる絵本でした。
    それは、「そらに いちばん ちかいところ」に行こうとする男の子に
    通りすがりの動物や人たちが手伝ってあげる優しさがあるからでしょうね。

    長谷川さんの絵の、シンプルでそれでいてほんわかとしているのが、
    このお話にあっているなぁと思いました。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • この子は、だ〜れ?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    寒い寒い冬の日、大きなカバンを持って歩く男の子。
    空に一番近い所を探す男の子の姿は、この大きなカバンに隠れて見えません。
    一体この子はダレなんだろう?どんな顔をしているんだろう?と、娘はとっても気になる様子。

    男の子が高いところへ登る度に、どうやって上るの?すごいねー!と話しだします。
    この男の子が何者なのかわかった時。袋の中身がなんなのかわかった時の喜びはすごかったです。

    謎が解ける楽しみのあるお話でした。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット