もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ジェリコの夏」 みんなの声

ジェリコの夏 作:ジョハナ・ハーウィッツ
絵:メアリー・アゼアリアン
訳:千葉 茂樹
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年07月
ISBN:9784892385995
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,086
みんなの声 総数 1
「ジェリコの夏」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は12歳

    ハーウィツで検索していたら出てきた本で千葉茂樹さん訳だったので読んでみた本です。

    読んでいて驚きました「雪の写真家ベントレー」が出てきたからです。

    よく挿絵を見れば、「雪の写真家ベントレー」の挿絵を描いている方と同じだし、訳も同じ千葉茂樹さんではありませんか。

    1910年の夏休み、12歳のドーシはバーモント州のジェリコで過ごすことになります。

    ここにベントレーが住んでいたんですね。

    といっても主人公ではなく、ドーシ。ニューヨークに住んでいるので田舎暮らしは初めてです。

    都会と田舎暮らしの違い、ユダヤ教信者であることから食べられないものがあることなど。暮らしの中で出会う戸惑いと驚きなどが描き出されています。

    時代設定が古いことから、出てくることも古めかしい感じがありますが、12歳の少女が感じることは今の子どもたちが共感できることもあるのではないかと思いました。

    ドーシが田舎の豊かな食生活を感嘆するたびに、ドーシの都会での貧しい生活が浮かび上がってくる気がしました。

    ドーシの場合は基金を受けて勉強していますが、いろいろな状況下で暮らしている子どもたちがいるということを知ることは、今後子どもたちが生きていく上で、他人を尊重しながら生きて行くことにつながっていくような気がしました。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハロウィンにぴったり☆おばけといっしょにクッキング!?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット