うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

しばふでごろり」 みんなの声

しばふでごろり 絵:あおき ひろえ
出版社:日本標準
本体価格:\1,429+税
発行日:2009年11月
ISBN:9784820804215
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「しばふでごろり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ポエム

    山口県下関市の小学校5年生の4人の方の作品です。授業で、学校の中庭の芝生に子ども達が全員で寝転んで、見えるもの、聞こえてくるものなど、体で感じたことを詩にしたものを絵本作家のあおきひろえさんが絵をつけたものです。「ねころべば・・・」「からだでかんじる」「なんのにおいだろう」「ちいさなきば」の4作品です。4作品共、感じたことを素直に言葉に現して自由に自分の気持ちを表現していると思いました。言葉に現すことって難しいと思いますが、飾らずに誇示せずに素直さが真っ直ぐに現れているのが共感が持てます。芝生に寝転ぶことはなかなか機会がないですが、のんびりと雲を眺めていたくなります。やっぱり、芝がチクチクして痛いですが憧れてしまいます。どのページも芝が綺麗に画かれていてのんびり、まったりできました。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごろごろあそび

    小学生のよんだポエムがそのまま絵本になったというめずらしい絵本です。
    しばふにごろんと横になり、何も考えないでぼ〜としたら気持ちいいだろうなぁとわたしは安に思いましたが、
    この絵本によれば、チクチク痛いらしい。
    そういえば、遠い昔、芝生の上にレジャーシートをひいてすわってお弁当を食べた。足がチクチク痛かったっけ。

    起承転結も無い絵本だけれど、読んでいると心が和む。

    3歳の娘は、絵本の付録でついていた『ごろごろあそびをしよう!』を読んであげると真似してごろごろごろごろ楽しそうに転げまわっていた。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • しばふのすすめ

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    この絵本は、山口県の小学5年生の子供たちが実際に
    しばふにねころび、その後書いた詩を何篇かまとめた絵本です。
    子供の感覚ってすごいな〜と、
    改めて感じてしまいました。
    子供と一緒に読んでみて、
    自分の子供たちにこんな経験をさせてみたら、
    どんな感じ方をするのだろうと、考えます。
    しばふに寝転び、いろんな音やにおいを感じる時間も
    とても大切だな〜と、思いました。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット