大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おさるのジョージききゅうにのる」 みんなの声

おさるのジョージききゅうにのる 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:渡辺 茂男
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784001108927
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,662
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 今回も

    このシリーズは息子も私も大好きです。
    今回も図書館で借りてきました。

    いつものように大冒険に勝手に出てしまったジョージ
    気球に乗ったところまでは良かったけれど、糸が切れてしまって大変なことに・・・

    過去の大統領の石像が出てきたりと今までとはちょっと違って
    リアルな感じがありました。
    いつも大騒動をおこすジョージ
    でもなぜか憎めなくて可愛いですよね。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんでもない空の旅

    このお話は、ジョージが気球を身にって自分が勝手に気球に乗ってしまい空を旅することになってしまったお話でした。一人ぼっちで空に浮かんでいるときの心細い感じがあらわされていて、うちの子は「ジョージって心配するんだね!」と気弱になっているジョージを見て意外な感じに思えたみたいですね。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまたやりましたね!!

    いっつもいたずらをしても、最後には誰かの

    役に立つジョージ、羨ましいです。

    国立公園のラシュモア山を見に行ったジョージは、

    石ぼりの顔にひっかかったままのおじさんを

    助けることができてよかったと思います。

    ジョージがこなかったらしばらく高い位置で

    固まってたことを想像すると、恐ろしいですね。

    ジョージにとってはワクワクする休暇だったと思います。

    掲載日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても楽しめた一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    最近「おさるのジョージ」絵本デビューをした4歳の娘と読みました。

    ちょっと長いけれどでもとっても楽しいジョージの絵本。
    今回は気球にのるジョージのお話とあって
    表紙を見て既にワクワクの娘です。

    ききゅうがいっぱいのシーンでは、
    「わたしはこの気球がいい!」とセレクト。

    気球にひっぱって上にあがっていくジョージには、
    「とびおりたら、黄色い帽子のおじさんが、
     助けてくれるよ!」とアドバイス。

    そしてジョージが人助けをしたところでは、
    「ジョージ、えらいねえぇ!」と素直に喜んでいました。

    今回はジョージがあんまり騒ぎを起こさずに済んだので
    私もホッ。
    黄色い帽子のオジサンの出番が少なかったけど、
    娘はとっても楽しめた一冊のようでした。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージ 大空へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    4人の大統領の石彫りが出てきて、ちょっと観光気分。実物が見たくなりました。
    いつものように好奇心を抑えられないジョージ。勝手に気球に乗り込んで、大空へ飛び立ってしまいます。それが人助けに繋がるところがジョージらしいですね。
    大騒ぎしながらも、結末はハッピーエンドなおさるのジョージシリーズ。
    こどもたちも大好きです。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • アメリカの観光名所

    アメリカにいったことはありませんが、それでも、大統領4人の顔が掘られている場所があることは、知っていました。
    実在する場所がお話の舞台になると、より面白く感じますね。
    そして、ジョージは気球に乗っての冒険です。
    いつも以上に、ハラハラドキドキしたような気がします。

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージらしい結末

    おさるのジョージは黄色いぼうしのおじさんと旅行へお出掛け。

    ある時、ふとした拍子にジョージは気球に乗ってしまいます。

    ジョージは無事に帰ってこれるのか?!

    ジョージは人騒がせな所があるケド、優しいんですヨネ。

    思いやりのある素敵なおさるさん。

    気球が動いてしまった時にはどうなる事かと思いました。

    ジョージらしい展開が待っているハラハラドキドキなお話しでした。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • アメリカ感たっぷり

    ジョージが大好きな息子に読みました。

    毎度のコトながら、ダメだってそれは〜っ!!ってことを
    しちゃうんですよね、ジョージは。
    気球での冒険部分は、いつもに増してハラハラします。
    読んでいる大人も「どうなるんだろう?」とドキドキしてしまいました。

    そんな失敗をしでかしても、最終的に成功になってしまう、
    子供にとっては夢としか言いようのないお話。
    でも、この普遍性が子供にはたまらないようです。

    気球大会も、石切り場も、とってもアメリカン♪
    文化が違うからこその楽しみもありますよね。
    私も、アーノルド坊やは人気者とか、ビバリーヒルズ青春白書とかハマったもんな(〜_〜;)
    アメリカってどこ?なんて、話もできて面白いですよ。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないですね

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    テレビで見てからジョージのファンです。
    頭の良いおさるのジョージは好奇心が旺盛でいろいろやってみたい!
    でも、いつも失敗してしまいます。
    今回もききゅうに興味津々のジョージはききゅうをつなぐロープにのぼり、止めている杭が抜けてしまったから、さあ、大変!
    子供たちもハラハラしながら聞いています。
    でも、ジョージはいつも結果オーライ。
    石切りのおじさんを助けて帰ってきたのだから英雄です!
    いたずらをしてもどこか憎めないジョージ。
    これからもずっとファンです。

    掲載日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひょんなことから人助け

    ジョージのファンの息子に読んでやりました。

    いつものジョージの好奇心から、今回は他人の気球を飛ばしてしまい、しかもジョージはそれに乗り込んでしまいます。でも、そのおかげで、仕事中に山肌に残されて困っていた石切のおじさんを助け出すことができ、めでたしめでたし。

    ハッピーエンドの楽しいお話なのですが、このシリーズはどれも、いたずらをする→偶然それが人助けになる→皆に感謝されるという展開なので、ちょっと飽きてしまいます。具体的内容は違えど、展開は同じなのです。

    テレビで見る分にはいいですが、絵本をシリーズで買って繰り返し読むには不満が残ると思います。

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット