もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

めうしのジャスミン」 みんなの声

めうしのジャスミン 作・絵:ロジャー・デュボアザン
訳:いぬい ゆみこ
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年07月
ISBN:9784924938632
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,729
みんなの声 総数 8
「めうしのジャスミン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人それぞれの勇気

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    表紙からちょっとびっくりです。
    牝牛のジャスミン、古風な羽飾り帽子を被っています。
    ええ、最初は知らずに見つけて被ってしまったのですが、ジャスミンはしれが気に入ったのですね。
    でも、農場の動物たちはそれが気に入らないのです。
    散々悪口を言いますが、ジャスミンはマイペースを崩しません。
    ところが、それに感化されたのか、動物たちも帽子を被りだして…。
    集団心理って不可思議ですね。
    でもその上をいくジャスミンのマイペースぶり、拍手ものでしょう。
    人それぞれ、の勇気と表現されていますが、納得です。
    込み入った集団心理を巧みに描いたところは、やはり小学校中学年以上くらいからでないと
    なかなか真の味わいを感じるのが難しいかもしれません。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいジャスミン

    5歳長女に読みました。めうしのジャスミンが花飾りを見つけたとこからお話が始まります。このジャスミン、とってもかっこいい!自分だけ花飾りを頭にしていても気にしないし、周りの動物たちから何を言われようが平気。

    よくみんなと一緒じゃないといやという子供たち(大人でもいますが)が多いですが、そんなことに悩んでるお母さんたちがお子さんに読んであげると何か伝わるんじゃないかなと思います。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャスミンの気品のある凛とした美しさ

    デュボアザンの絵が好きです。動物たちが生き生きとして、とても美しいです。特にめうしのジャスミンの気品のある凛とした美しさには目を見張ります。
    ある日、羽のついた帽子を見つけたジャスミンは、気に入ったのでかぶります。他の動物たちが、帽子をかぶるのをやめろと言っても、「わたしは、わたしのおもうようにするわ。だれでもその人らしくすればいいのよ」と答えます。
    自信を持ってそういいきれるジャスミンはすごいです。
    自分の思う通りに生きるジャスミンに、どうしても振り回されてしまうまわりの動物たち。その動物たちがちょっと気の毒にも思えてくるのですが・・・
    最後には結局、ジャスミンのことを認めざるを得ない状況になります。そのきっかけが、ひとりの女の子の一言だったというのが、またうれしいです。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雌牛のジャスミンは ピンクのきれいな牛ですある時 羽根飾りの付いた帽子が頭にすっぽりかぶさって  水に映してみてとても可愛く似合っていました

    周りの動物たちは 気がへんになったの うぬぼれていると 噂するのですが・・・・
    そんな噂は平気

    「自分は 自分のおもうようにするは、 あなたは あなたのおもうように すればいいのよ」 こうはっきり言い切る ジャスミンは 潔くて気持ちの良い雌牛です

    なかなか 周りのことが気になって こう言い切れないことが多いのですが・・・・
    それぞれの個性を こうも はっきり 言い通せるジャスミンはステキデス!

    みんなと違っていても 平気な雌牛 ジャスミンは
    パンプキン農場のすてきな女王さまになったのですって

    意志の強さ  見習いたいですね  
    みんなと同じようにしていれば 無難という考え方が多い中 ジャスミンの生き方に教えられました

    他のどうぶつたちも 羨ましかったのですね ジャスミンのことが・・

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分は自分

    ある日見つけた帽子をすっかり気に入ってしまっためうしのジャスミン。
    帽子をかぶってご満悦です。
    人と違うことをすると、色々と言われたりするのですが、「自分は自分」。
    まわりに惑わされず自分を通すジャスミンは立派です。
    それにひきかえ、ジャスミンをやっかんだ仲間の動物は、自分たちもよく見せようと帽子をかぶって見せます。
    人まねでは、楽しくも何ともありません。
    どうやら自分を通したジャスミンの勝ち。
    洒落たお話の中で、自分を考えることを教わりました。

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 堂々と!

    人と違うことをしていても自分というものを持っていて堂々としているめうしのジャスミンが素敵でした。自分に自信があれば、自分自身を信じていれば、人と違っても不安に思わないものだと思いました。人と同じだと安心していられるし楽だと思うけれどジャスミンのように勇気を持ちたいと思いました。帽子を被ったジャスミンは本当に帽子がよく似合っていると思いました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイペースなジャスミン

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    ある日、羽のついた帽子を見つけたジャスミン。
    気に入ったのでかぶっていると、それを見た他の動物たちは、
    ジャスミンを変わりものだと言い合います。
    でも、そのうちに自分たちも帽子をかぶりだしました。
    すると、ジャスミンは帽子を脱ぎました。
    動物たちは、ジャスミンは人と違うことが好きな変わりものだと言います。ジャスミンはお構いなし。
    そのうちに帽子が邪魔になってきた動物たちは、帽子を脱ぎました。
    すると、またジャスミンは帽子をかぶっています。

    マイペースなジャスミンと、そんなジャスミンに振り回される動物たち。
    人間の社会でもこんなことあるなと思うお話です。
    どういう風にとらえるかは読む人次第。
    ジャスミンのようにマイペースには中々出来ないかも知れないけれど
    ジャスミンを羨ましく思う人も多いのでは。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • オシャレなめうしさん登場!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    日本で邦訳出版されたのは1996年とわりと最近ですが、この絵本そのものは1973年もののようです。

    色鮮やかな農場の動物たちが、めうしのジャスミンの真似をして帽子をかぶっているところは圧巻でした。
    牛が帽子をかぶっていることに動じないどころか、「似合っている」とほめちゃうなんて、農場の娘・のアンも肝がすわってますよね〜。

    この絵本を手にしたら、ぜひ見てほしいシーンは、
    最初ジャスミンだけが帽子をかぶっていた時に文句を言っていた動物たちが、他の帽子を見つけてかぶり始めたとき、
    なぜか、めうしのジャスミンだけが帽子を脱いでしまうんですよ。
    それを見て、また他の動物たちが「あぁだの。こうだの」いうのですが、その時あさっての方を見ているジャスミンの表情がなんとも言えず面白いです。
    表紙が今イチ昔風であまり目立っていませんので、なかなか手に取る機会も少ないかもしれませんが、
    中身は、クスクス笑えるシーンが各所にあります。
    読んであげるなら、幼稚園くらいのお子さんから小学校高学年くらいまで。お薦めです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット