すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

たんぼのおばけタニシ」 みんなの声

たんぼのおばけタニシ 文・写真:大木 淳一
出版社:そうえん社
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784882643272
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,325
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気持ち悪い・・・

    大人の私にはこのタニシのピンクの卵がとってもきもと悪かったです・・・。子供はこの卵にとっても興味津々でした!!実際の田んぼの写真とかが載っていたので、子供もとっても分かりやすかったみたいです。本当に田んぼに行きたくなる一冊でした。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎょっ!

    自然の話なんだろうな〜という感覚で借りてきた
    理科の学習に役立てばぐらいの感じです

    でもこれは大変な事だ
    たんぼに外国からギャングがやってきた
    ピンクで色は可愛いが見た目はなんとも・・可愛くない
    それが大量にいるのだからもうこれは
    気持ち悪い

    排除しても排除しても現れる
    農業を仕事として続ける事は大変な事だというのは想像できる
    その上こんなギャングとも格闘しなきゃならないなんて

    と、私は思うが
    登場するおじいちゃん、負けていない
    将来孫にたんぼを残すためにギャングと格闘している
    そんな姿は感動します。自分も何か動かなきゃと思わされます

    期待もできます。

    ただ、ピンクのギャング
    とにかく気持ち悪いのでそのつもりで本を開いてください

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見たことある人いるかな

    うひ〜気色悪〜い。このピンクのは、全部タマゴだそう。
    関東のとある地域の田んぼに、こぶしほどのタニシが大発生しているそうで、76歳のじいちゃんの知る田んぼじゃなくなっていくのを、2歳の孫に託す田んぼとしてどうすればよいかを追っています。
    決して科学的なことではなく、どこにでもある普通の農家としての試行錯誤です。

    うわ〜、うーわーと言いながら読みました。
    京阪神では見たことありませんが、とある地域では当たり前の光景のようです。見たことある人もいるかも。
    子どもと読むのももちろんですが、これは農業が多い地域で読むのも良いかな〜。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット