モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(25) 森にめぐるいのち」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(25) 森にめぐるいのち 作:片山 令子
写真:姉崎 一馬
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784894325142
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 姉崎さんの写真に片山令子さんの文!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    森の写真絵本ので、本の中には常に木々や草花が写っていて、目に優しい絵本でした。
    緑の木々だけでなく、黄色くなった落ち葉や雪化粧した野原も見応えがありました。
    サイズ的にはやや小さめの本なので、あまり離れると、何ぺ見えにくいかもしれませんが、1枚1枚の写真はとても素敵でした。
    じっくり堪能したくなる1冊です。
    写真は姉崎一馬さんですが、文章は片山令子さんと、面白い組み合わせです。ことばの表現者が違うだけで、姉崎さんの写真もいつもとちょっと違った方向から見えたような気がしました。
    苔が「ロールケーキ」に見えちゃうとことか( ´艸`)
    すごく厳粛な感じのする森の1枚ですが、この文章のおかげでふわっと柔らかいものも感じることが出来ました。

    ちょっと疲れたときなどに読みたくなる一冊です。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティータイムのおともに

    おはなしのたからばこシリーズの中で、唯一の写真絵本です。

    森の中。
    下から見上げる大きな木。
    地面を覆う落ち葉やどんぐり。
    森の静寂の中から聴こえてくる音、見えてくるいのちのめぐり。

    ほんとうに深い森の中にいるような気分にさせてくれる、美しい文章。
    「いい本だね〜♪」
    娘も、とても気に入ったようです。

    午後のひととき。
    お茶を飲みながら、のんびり眺めたい。
    そんな一冊です。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詞と写真

    詞と写真が、ピッタリ合っていました。
    「この詞のために写真が撮られたのか」「写真に合わせて、詞が書かれたのか」とまで、思えるほどでした。
    どの写真も素晴らしい中で、印象的だったのは、キラキラと輝く緑ですね。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森は生きている

    山歩きをしていると、とても神聖な気持ちになります。
    木々の間を歩いていると、とてもミステリアスな気持ちになります。
    風に揺れる木々の音は、森の息吹のようだし、倒れた大木が苔むしている姿を見ると、空高くそびえていた大木がその役割を終え、土に帰っていくのが自然の摂理として受け取られます。
    この写真絵本の巻頭は、大木が倒れて、今までその大木が覆っていた森から空が見えるところから始まります。
    陽が照らす地面には様々な命があることを教えてくれました。
    森は生きている。
    生まれくる命と、役目を終えた命。
    たくさんの木々とそこに生息する生き物たち、木々の大地に残した新しい命…。
    森は生きている。
    山歩きをしていると、森がとても大切なことを語ってくれます。
    理屈ではなく、命というものを感じさせてくれる森。
    森を歩く人ならば誰もが体験する不思議空間です。
    この写真絵本は、さりげなくその不思議空間を体験させてくれました。

    掲載日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 途切れて終わってしまうことなど、何もない

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    写真はとても壮大できれいです。
    文章にも、めぐるめぐるいのちが感じとることができました。
    「かなしみが土の中にしみていき」という表現は、なるほどと思いました。

    ぐるぐるまわっているのは、森のいのちだけではなく、
    人間界も同じことなのでしょう。
    自分も自然界の一部分なのだなと思いました。

    なくなってしまうものなんて、何もない。
    いのちがいれかわり、また、生まれる。
    淡々としているけれど、そのなかでも希望を見つけられそうです。

    子どもには教科書っぽい感じが残ったようです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真

    写真絵本に興味を持っているのでこの絵本を選びました。森の魅力を感じられる絵本でした。まるで自分が森の中にいるかのような錯覚に陥りました。自然を音で感じられるのも気に入りました。上を見上げる構図が美しかったです。沢山の年月を生きた木の重みに感動しました。食物連鎖を自然に学べるのが良いと思いました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット