だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ももの里」 みんなの声

ももの里 作・絵:毛利まさみち
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784860572181
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,440
みんなの声 総数 10
「ももの里」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発想の転換

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    高校生の娘が、図書委員会の企画で、「物語のその後を考える」というのをやるというので、参考になるお話はないかと探していました。

    そうしたら桃太郎の「前」のお話があるというので驚いて読んでみました。


    すごく面白いです!

    物語の前は?という発想ももちろんですが、男の子が生まれない里とか鬼が順々にまわりの里をおそうとか、伏線が素晴らしい。

    鬼も一度やられただけではだまされずに戻ってくるところとか、スリルがあっていい感じ。


    高学年までできそうなのでぜひ使ってみたいです。

    鬼なので節分ごろがいいかな?

    本当に絶版はもったいないです。

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    4
  • 再版希望!

    • きよぴこさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    みんな知っている「桃太郎」。
    どうして桃の中から男の子が出てきたのか、そしてどうして鬼退治に行ったのか不思議ですよね。
    この作品は毛利さんがお孫さんのために作ったお話だと聞きました。

    よくあるような悪を懲らしめ正義は勝つ系の昔話かと思って、特に期待もせずに読み始めました。
    最後の最後にならないとこのつながりはわかりません。
    私も初めて手にしたときには「え〜!!」と言ってしまいました。
    (静かな図書館で・汗)
    この最後の驚きがとてもいいですね!

    大好きな作品で購入したいと思っていますが、廃版なんですよね。
    少し高くてもいいからと思って探しているのですが、残念ながら手に入らないのが現状です。ぜひ再版してほしい作品です!


    小学校の読み聞かせでも使いました。
    みんな最後のページで「あ〜〜!!」と驚いてくれます。
    「なるほど、これで始まるんだ!」と感激してくれますが、創作であることは説明します。
    -----------
    読み聞かせに使った学年:2・3・4年
    子供の反応:★★★★★
    所要時間:12分程度

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 桃太郎の生まれ故郷

    桃太郎の桃はどこから流れてきたのだろう。
    そんな疑問を基に創られたお話ですが、桃太郎のその後の活躍に対して、ちょっと可哀想な物語です。
    その後のももの里はどうなってしまったのでしょう。
    鬼ヶ島にだけはなって欲しくないと、思いました。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桃太郎が川から流れてきた真相

    高学年の読み聞かせに何かないか調べていると面白い話であると紹介されているのをみつけました。

    絶版になっているので、図書館で借りて、5年生の朝の読み聞かせに
    10月、11月と2クラスに読みました。
    また、節分前の時期ですので、近日もう1クラスにも読もうと思っています。

    絵は、切り絵です。 時間は、私はテンポよく7分ぐらいで読んでいます。ゆっくり読むのもいいでしょう。

    静かに聞いている子ども達が、最後の最後に「どんぶらこっこ どんぶらこ この話は、まだまだ つづくでな」と読んでいると

    桃太郎の話であると気付き、ひそひそと友達と話し出す子、ニヤッと1人で笑う子と様々な表情が見られ読み手も やったと楽しくなります♪

    高学年への本選びに迷われている方、一度、この本を手に取られ読んで見られませんか?

    お勧めの本です。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父から息子への思い

    表紙を見た息子達はすぐに「もちもちの木」の人だね。
    と言っていました。
    確かに何となく似ていますが違います。
    でも、作者さんの略歴をみて納得。
    滝平二郎さんに憧れてきり絵を勉強されたと書かれていました。

    7歳の息子は表紙のイメージが怖かった様でなかなか読もうとしませんでした。
    でも、読んであげたら鬼はみごとに退治されめでたしめでたしで、最後の流れも何となく分かったようでした。
    一人読みにも挑戦していましたが、昔話の独特の言い回しなどが難しく途中でリタイアしました。

    作者さんが息子さんの誕生日プレゼントに書かれた本という事で親の愛情が感じられる作品だなと思いました。

    小学校中学年ぐらいに読み聞かせしてみたいなと思いました。

    ちなみに中学の息子も面白いねと読んでいました。

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本、勝手に『桃太郎』そのものの話だと思っていましたが、『桃太郎』につながる話でした。あくまでも創作ですが、昔話のその後の話を作るのも楽しいですが、昔話につながる話もいいですね。「そういうことかぁ〜」と思わず納得してしまうような気がしました。

    タケという少年の賢さ、太郎を思う気持ちが、また太郎は宿命を背負って『桃太郎』になっていくのですね。想像力のすばらしさ!!

    この話は作者の長男さんの誕生祝いに作られたそうですが、そういえば我が子にも本を読んで聞かせたときにけっこうオリジナルの付録をつけていたような気がします。これにはまったく及びませんが・・・

    おもしろいので他の昔話にもこういう本編につながる話があるといいなぁ〜 

    掲載日:2013/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 驚きのラスト

    こちらの色々なレビューを拝見していて出会った絵本です。
    子どもと読む前に私一人で読んでみてとっても驚いた!!
    創作絵本とはいえ とても良くできている。
    まるでこれが本来の昔話のプロローグだよと言われても
    本当に信じてしまいそうに。
    著者の毛利さんのお子さんが武雄さんというので主役の男の子はタケというんですね。
    こんなお話が作れるお父さんステキだなあと思います。

    さて 子どもと読んだ感想ですが
    まずは絵柄が『モチモチの木』みたいで怖いと言って
    なかなか一緒に読んでくれませんでしたが
    最後にすっごく驚くよ!と言って読み始めたら
    しぶしぶ頷く。
    でも男の子が生まれない村とか鬼がやってくるとかの展開にどんどん惹きこまれ
    ラストで「あーこれ!桃太郎じゃん!」と目を見開いて驚きながらも大喜び。
    ぜひ手元に欲しいです。でも絶版なんですよね。。。残念。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ももの謎が、、、

    • あんにょんさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子15歳、男の子10歳

    ももの里、ももたろう、それからのおにがしま、この三冊をセットで読み聞かせをしました。ももたろうはみんな知っていたのですが、後の2冊ははじめてだったので、楽しんで聞いてくれました。こんな風につながりのある本、もっと探してみたくなりました。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぶらこっこ どんぶらこっこ

    「ももの里」は、「もも太郎」がどうして川から流れてきたのか、知る

    ことができて納得してしまいました。

    桃の花が大好きで、勿論桃も大好物な私です。

    豊田市の桃も大きくて甘い桃なので、桃の花が咲く頃に見学に行きます

    タケの太郎を必死で守ろうと闘った姿に感動しました。

    一度は上手くいったのに、油断したのがいけなかったのだと思いました

    油断大敵だと改めて思いました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 桃太郎の前の話

    表紙の雰囲気で、これは、「モチモチの木」や「花さき山」の滝平二郎さんの作品かと思いきや...違っていました。
    でも、作者の略歴を見たら、「滝平さんの切り絵に憧れ、手法を独習」とあるので、雰囲気が似ているのは当たり前ですね。
    そんなこんなで、あとがきから読み始めました。
    このお話、「ももたろう」の前のお話です。
    桃太郎は川を流れてきた桃から生まれた、というのは有名なお話ですが、その桃はいったいどこから来たのか?
    「ももたろう」とセットで読むと楽しいと思う。
    このお話の中でも、鬼が登場するけれど、こうしてみると、もしほんとにいたら鬼ってかなりこわいよねと思う。
    でも、こうやって悪事を働き、みんなを困らせ、桃太郎の登場となる。つながりがあって楽しい。

    掲載日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / かいじゅうたちのいるところ / ゆらゆらばしのうえで / あらまっ! / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット