モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

なにわのでっちこまめどん どっちもどっちの巻」 みんなの声

なにわのでっちこまめどん どっちもどっちの巻 作:村上 しいこ
絵:たごもりのりこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784333024230
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
「なにわのでっちこまめどん どっちもどっちの巻」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 江戸時代の町の娯楽〈遊び〉

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    「なにわのでっちこまめどん」シリーズ、これが多分1作目の作品です。
    こまめどんが丁稚奉公しているのは大阪《なにわ》の町の薬屋。
    舞台設定の江戸時代の中期ごろの町の娯楽〈遊び〉を見せてくれる作品でした。
    明るく楽しい話です。
    わたしは最後のページの「こまめどん こころえ帳」のページが一番が面白かったです。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪の本

    5歳の息子達と一緒によみました。うちの子供達は村上しいこさんのお話が好きなのでこの絵本も読みました。息子たちはでっちという言葉を知らなし、せっかくお話にオチがあるにもかかわらず意味があまりよくわかっていなかったようです。大阪の茶目っ気たっぷりなお話にわたしは楽しめたのですが。息子達は妖怪がでてくるのが楽しかったようです。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまめどんにくめない〜

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳、

    でっちのこまめどん、テレビでいうと、まるで「はじめてのおつかい」みたい(笑)

    いやいや、テレビに出てる子供のほうが、こまめどんよりしっかりしてるかな。

    子供におつかいをさせるのは、本当に用事があるというより、責任感をもたせるとか、早く一人前にしたいとか、そういう気持ちからでしょう。

    でっちどんも普通のこども。
    おつかいそっちのけで失敗したけれど、それもいい教訓。

    そうそう、人生七転び八起きでいきましょー(笑)

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おつかい

    だんなさんからお使いを頼まれたこまめどん。ちゃんとお使いに行けるのかなあって心配してたら、案の定途中で誘惑に負けたり、お使い先を忘れてしまったり、とてもリズミカルで楽しい絵本でした。でも、人情もあって人にぬくもりが感じれます。せかせか時間に縛られないで道草してお使いに行ける時代って羨ましいかな?っても思いました。絵も可愛くて笑っていられて面白い絵本です。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほほえましいですね^^

    村上しいこさんの童話はやっぱり大阪弁でなくっちゃあ〜
    ってことで図書館で作家借りしてきましたが
    見事に期待を裏切らなかったですね。
    でっちどんはお使いをきちんとするように言われて
    出かけるんだけど
    やっぱり子ども、いろんなものに気持ちを奪われて
    寄り道三昧・(笑)
    等身大の子どもそのもの!で大笑いしました。
    子どもの失敗なんかも温かく包んであげる番頭さんや周囲の大人たちの触れあいがとてもいいなと思いました。
    これからシリーズで読むのが楽しみです^^

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聞くは一時の・・

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    なにわのでっちがおつかいで薬を配達に行くお話しです。
    でも、うっかり物で好奇心旺盛なでっちどん。
    寄り道しているうちに行き先を忘れてしまいます。
    さあ、どうしたらよいのか??

    うちの子もパニくってしまい、でっちどんと同じ行動かもしれないな〜、
    と思う母を横目に
    「泣きながらでも、聞きに帰れば」という息子。
    ちょっと成長を見られて嬉しく思いました。

    最後に書いてある「聞くは一時の恥・・・」の文面に
    しっかり子供たちに教えておかないといけないことだな〜
    と、思いました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット