庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ピンクのチビチョーク」 みんなの声

ピンクのチビチョーク 作:新藤悦子
絵:西巻 茅子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784494019489
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 痴呆

    読み始めたときには、おばあちゃんとの楽しいチョーク遊びを描いた作品かと思いました。
    ところが、後半になると、おばあちゃんの痴呆や介護といった出来事が起こります。
    「すこしずつ いろんなことを わすれるびょうき」という言葉で、きっと子供にもわかるのではないかと思います。
    病気に悩むおばあちゃん・介護に悩むお母さん。
    辛い現実ですが、「元気になって欲しい」という、ユウちゃんの願いは届いたと思います。
    介護というと難しいテーマですが、堅苦しさを感じさせずに、子供にも読みやすい内容だったと思います。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年長の娘に

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    絵が中心の絵本から
    少し字を読み、頭でイメージして読書するようにと
    選んだ本です。表紙の絵もかわいかったので。

    おばあちゃんとユウちゃんが道にチョークでお絵かきする場面は
    私にも経験があるので懐かしくグッときました。

    おばあちゃんの痴呆があらわれ、
    幼いながらもユウちゃんはママの気持ち、おばちゃんの気持ちを
    ちゃんとわかって一緒に悩んでいます。
    ここも読みどころではないかと思います。

    年をとると童心に戻るときいたことがありますが
    おばあちゃんとユウちゃんもまるでお友達のように
    遊んでいますよ。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット