あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ビッケと赤目のバイキング」 みんなの声

ビッケと赤目のバイキング 作・絵:ルーネル・ヨンソン
訳:石渡 利康
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年06月
ISBN:9784566010406
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「ビッケと赤目のバイキング」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ビッケ、もっと読みたいです

    赤目のバイキングがこわそうだと思いました。

    ビッケがにせのぶきを作って持っていくからすごいと思いました。

    ハルバルが早くたすかるといいなあと思いました。

    ビッケの歌に出てきたスベルケルがいたと思いました。

    スノーレがふくわじゅつができるからすごいと思いました。

    ふくわじゅつをつかってどうぶつがしゃべっているみたいにするところがおもしろかったです。

    ビッケ、もっと読みたいです。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 復刊していただけたらいいな

    「小さなバイキング」(学習研究社)を読んで、わが家ではビッケブームが起きています。

    息子もビッケの主題歌を覚えて大のビッケ好きになりました。

    最近、毎日「ビッケ読んで」と言われています。

    ビッケは航海についていなかったのですが、父のハルバルが赤目のバイキングに捕まってしまいます。

    ビッケお得意のとんちで解決するこのシリーズ。元々ビッケは勇敢ではないので武力で何とかしようなどとは考えないのですが、小さくても知恵はあるという設定、またビッケの年齢はよくわかりませんが、おそらく息子は自分と同じ年頃の少年と見て感情移入して読んでいるようです。

    大人の私も読んでいてとても楽しいですし、夫も読んで楽しんでいます。

    家族で読める児童書ってとてもいいですね。

    でも、絶版なんです。

    私はアニメ世代ですが、今の子どもが読んでも楽しい内容だと思うので、絶版はとても惜しいと思います。

    復刊していただけたらいいなあと思います。

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット