あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ノルウェーの昔話」 みんなの声

ノルウェーの昔話 編:アスビョルンセン
訳:大塚 勇三
画:エーリク・ヴェーレンシオル ほか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年11月20日
ISBN:9784834008289
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ノルウェーの昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むかしばなしはおもしろいです

    長いむかしばなしもあっておもしろいと思いました。

    前に読んだことがある話とにたのもありました。

    トロルがたくさんでてきてこわかったです。

    テレビ絵本で見た「しにがみ」と同じような話があったからびっくりしました。

    むかしばなしはおもしろいです。

    もっとたくさん読みたいです。

    掲載日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長いですが読み応えがあります

    「ロシアの昔話」に続けとばかりに読んでみたのですが、この本も分厚く、全部読み聞かせ終わるまでに二カ月ほどかかりました。

    ノルウェーの昔話の特徴は、灰つつき(ロシアの昔話のばかのイワンのようなもの)とトロルでしようか。

    「ビール樽をもっている若者」が落語の「死神」に似ていたので驚きました。「旅の仲間」が死体が助けてくれるお話で不思議でした。

    「パンケーキ」や「北風のところへ行った男の子」など、昔から知っている昔話などもあり、親近感がわきました。

    昔話にしても40ページ近い長いお話もあり、読み応えがありました。
    昔話は自分で読むよりも誰かに語ってもらった方が聞きやすく味わい深いと思うので、読み聞かせ用として大人が子どもに語ってほしいなあと思います。

    私も自分の子どもだけでなく、ストーリーテリングなどで他の子どもたちにも語れる機会があれば語りたいと思いました。

    掲載日:2010/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット