ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

紙芝居 あひるさんとにわとりさん」 みんなの声

紙芝居 あひるさんとにわとりさん 作:村山 籌子
絵:村山 亜土
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784494076642
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
「紙芝居 あひるさんとにわとりさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1話4場面の3部作紙芝居。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    原作は村上籌子さんですが、紙芝居の脚本は村山亜土さんでした。
    もともとの原作がとても短い童話なので、
    この作品は「あひるさんとにわとりさん」シリーズ、1話4場面の3部作紙芝居になっています。

    画は、原作者の村上籌子さんと組むことが多い村山知義さんで、とても個性的な「あひるさんとにわとりさん」でした。

    4×3で全部で12場面あるのですが、1話1話が短いので、このお話の根本的な登場人物などを把握していないと、素直に展開を楽しめないかもしれません。
    気になる方は、同原作者の童話集をお読みになることをお薦めします。

    作品自体はとても好きなのですが、
    この紙芝居を子どもたちにやるときは、どんな風にやればより伝わるかなぁ〜。実際使っている方がいたら見てみたいなぁ〜と、思いながら読みました。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだ、そりゃ

    12枚の紙芝居なんですが、

    実は4枚完結で3作品あります。

    だから4コマ漫画みたいにあっという間に

    読み終えてしまいますが、意外と楽しいです。

    1作品読み終わるたびに、

    なんだ、そりゃ・・しょーもなっ!と

    思わずいってしまうくらい、シンプルなお話です。

    でも3作品続けて読んでいくと、だんだんおもしろくなってきて

    何だかはまってしまいます。

    絵がシュールでいいです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと笑ってしまうような

    あひるさんとにわとりさんの、今で言うところの天然なキャラクターが出ているちょっと笑ってしまうようなお話が三話入っています。

    時にけんかもありますが、二匹とも無邪気で子どもらしくて実は仲良しなんだなあと思いました。

    今時の話ではありませんが、言葉が柔らかで優しくほっとするような世界が広がっていると思います。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット