しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はじめてのたしざん」 みんなの声

はじめてのたしざん 作・絵:まつい のりこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1984年07月26日
ISBN:9784033240602
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まさにはじめてのたしざんにうってつけ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    たしざんに興味があるようなので読んでみました。たいへんうけがよかったです。
    問題が解けると嬉しいようで3日間くらいは日に何度も読んでいました。
    まさにはじめてのたしざんにうってつけの絵本でした。
    ゼロもしっかりと登場します。ゼロというのは何もないのではなく、ゼロがあるという算数的な考えがしっかりとかかれているところも良かったです。
    くいしんぼうなたしざんおじさんのキャラクターも親しみやすくて良いですね。

    掲載日:2016/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    書店で見かけて購入しました。ずっと本棚に入れていたのですが、3歳の娘が自分から「読んで」と持ってきました。
    内容が「足し算」なのでまだ早いのではと心配していたのですが、意外にも理解できたようです。
    りんごや飴など、子供が好きなものを題材にしているから、すっと理解できたのかな?
    足し算の記号などはわかっていませんが、足し算の概念自体はこの絵本で理解できたようです。自然に勉強できたのでよかったです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんすうのいり口

    まついのりこさんの きゃしゃで可愛いキャラ大好きです!
    娘も、赤ちゃんの頃から、まついさんのキャラには、いつも好反応!!

    そして、この本は『たしざん』の いろはのい。
    いきなり『○+○=◎』ではなく、『○と○が、いっしょになって、いくつになるかということを“たしざん”っていうんだよ』と説明してくれてることに感動でした☆

    『1+1=2』 。呪文のように覚えてた娘ですが、“たしざん”とは、数と数を合わせることだってことを理解してくれたのではないかなって思います。そして、敢えて“0(ゼロ)”の加算をあげてるのも、「おっ!!」という感じでした。

    “ひきざん”もあるようなので、今度みてみようと思います♪

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味を持たせるのにちょうどいい

    たしざんって何?たしざん勉強したい!って言いだした頃図書館で見つけました。

    はじめの導入にはちょうどいいボリュームだと思います。

    難しいことは一切なく足し算とは何かを自然と教えてくれるような気がします。

    優しい絵で不思議と静けさを感じる雰囲気も好きです。

    子供がなにか勉強に興味を持った時、この絵本のシリーズを与えたいなと思いました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字を覚えたら

    4才の次女に読みました。数の概念がわかるようになってきて、1から9の数字も覚えたので、ちょうどタイミングよく足し算のことも知ることができ、よかったです。
    0の概念など、説明するにはちょっと難しいことでも、かわいい絵とたのしいおはなしで分かりやすく教えてくれるので、子どもも分かりやすかった様子。
    これを読んでいれば、算数アレルギーになるのは避けられるかな。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字どおり「初めての足し算」に。

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    4歳の息子が借りたいというので、図書館で借りました。
    幼児でも分かりやすく足し算ができます。もちろん、親の説明は必須だと思いますが。
    最後の練習問題も、楽しそうに取り組んでいました。
    数に親しむにはいい絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてにぴったり

    半年ほど前、5歳後半ぐらいから足し算に興味を持ちだした娘。
    「問題だして〜」としょっちゅう言うので、図書館で借りてみました。

    食いしん坊のたしざんおじさんとおいしいものを探しまわりながら、足し算の基本的な考え方が小さな子にも分かるようになっています。

    とても分かりやすくて、はじめて足し算の世界に入るのにぴったり。
    あと、子どもに説明するのが意外とむずがしい、0の足し算もあるのが
    いいです。

    娘の場合、半年前のちょうど興味を持ち始めた時期に読んでいればよかったなぁと思います。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごくわかりやすくてグッドです

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    算数の苦手な私にとって、まついのりこさんの絵本は、とても心強い見方です。
    大変わかりやすく、子供も身構えることなく、いつの間にかたしざんの世界に踏み込んでいるといった感じです。
    最後に、簡単な練習問題が付いています。

    掲載日:2003/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット