うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ありのたからじま」 みんなの声

ありのたからじま 作:志茂田 景樹
絵:早瀬 賢
出版社:Kiba Book志茂田景樹事務所
本体価格:\1,238+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784916158635
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,906
みんなの声 総数 6
「ありのたからじま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しそう

    蟻はいっつも働いてばかりで遊ぶことを知らないのでは?って思ってま

    した。蟻にもつかの間の夏休みが楽しめてよかったと思いました。

    仲間と協力して、工夫して遊びを楽しむ様子が楽しかったです。

    女王様の言葉が印象に残りました。「今、一生懸命働かないと冬篭り出

    きなくなりますからね」まだ、夏なのにとても早くから準備をするんだ

    と感心しました。「蟻ときりぎりす」を思い出し、私はきりぎりすだっ

    たんではと反省しました。

    でも楽しいことが出来るっていいなあっておもいました。

    掲載日:2010/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 志茂田さん

    志茂田さんの作品だったのでこの絵本を選びました。独特のカラフルな色彩がとてもよいと思いました。主人公のあどけない表情もとても愛らしかったです。主人公が自然にあるもので工夫して自分で船を作り上げてしまうのが素晴しいと思いました。自分が成功した事を惜しげもなく仲間達に伝授する姿はとてもカッコ良かったです。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく感じられました

    息子が「僕の気に入る本を選んで」と言って、夫が選んだ本です。

    ありのくろすけが、笹舟を見つけて、小島に行くと、あげはちょうの死骸などがありねありにとっては、宝島のような場所でした。

    サインペンで描かれたような絵がとてもユーモラスで目を引きます。

    ありたちが、笹舟をたくさん作って、小島に出かけるところが、とても楽しく感じられました。

    ありたちの笹舟を見て驚いている男の子の反応がおもしろかったです。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • アリ達の楽しそうな動きが良かったです。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    図書館で絵につられて手にしてみたら、作者は志茂田景樹さん。ちょっとびっくりしましたが、裏表紙に『よい子に読み聞かせ隊』というボランティアをしていると書いてあったので、思わず借りてきてしまいました。
    一匹のアリが、笹舟を使って発見した小さな小山には、アリ達が大好きなものがたくさんある宝島でした。
    アリ達は大好きな虫の死骸を拾ってきたり、笹舟競争をしたりと、夏の間、その宝島を拠点にたくさん遊んだという楽しいお話でした。
    イラストの早瀬健さんのカラフルな色使いがとても良かったです。

    掲載日:2006/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらきありの楽しい3日間

    はたらきありのくろすけが、お寺の池で笹舟を見つけるところからお話ははじまります。うまくこぐために、「かい」を作り、「ほ」を立てて、池の真ん中の小島に向かいます。
    翌日は仲間を誘って、みんなで分担し、たくさんの小船を作り、小島に落ちていたたくさんの食糧を持ち帰ります。
    3日目はレース。くろすけは見事に一等賞。女王ありの提案で小島はありたちの宝島になります。
    楽しい3日間の夏休みが終わり、はたらきありたちは、再び冬に備えて汗を流し始めます。

    ありや虫たちの生活を借りて、工夫すること、力を合わせることなどを語りかけてくれます。絵と字のバランスが悪く、ちょっと読みにくいページがありました。

    掲載日:2005/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笹舟に乗って冒険に出たアリ

     常は陸にいるアリがたまたま笹舟を見つけて乗ってみたところから冒険が始まります。池の小島で食料を発見。それから仲間達とボートレースが始まります。レースで楽しんだ後はまたお仕事です。じょおうが言います。「いま いっしょうけんめい はたらかないと ふゆごもり できなくなりますからね」 
     お話の内容としては大変面白いのですが、食料がこんちゅうの「しがい」であったり、蝶のはねを船の帆に使うあたりは私はちょっと読みにくいなと思ってしまいました。

    掲載日:2003/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット