大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

腰おれすずめ」 みんなの声

腰おれすずめ 作:清水 達也
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年02月
ISBN:9784333016266
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「腰おれすずめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こしおれすずめは他の絵本も出ています
    たまたま 図書館で選んで読んで見ました。

    熊本県の昔話です おばあさんが 羽が傷ついたすずめを助けてあげて手当てしてあげるのです。
    絵も 優しいおばあさんの顔が伝わり 楽しみながら読めました

    元気にになったすずめを逃がしてあげます   そしたら お礼に ひょうたんの種を おばあさんに持ってくるのです

    たくさんのひょうたんは、みんなにあげました(ひょうたんからででくるお米ももちろんみんなに分けてあげます)

    心の優しいおばあさん おじいさんが出てくる昔話が多いのですが このお話は おばあさんだけですね


    それでも 欲深ばあさんが出てくるところは 良いおばあさんとの対比の昔話だな〜

    欲深ばあさんは 羨ましくて 同じこととするのですが・・・
    心がこもってなくて 欲の心で すずめを助けるのです お礼は同じひょうたんの種でしたが・・・・・

    結末は 蛇にかまれムカデに指されて 死んでしまうのですが・・・

    ややもすると 人間は 心優しくばかりの人間にはなれません 欲が出てくるのです 
    その 欲に対しての戒めが この絵本では 昔話として私たちに語られています
    後書きの 西本鶏介氏のお話が 心に残りました


    欲深ばあさんの姿にこそ人間の本質があると言われています

    すずめの落としてくれた 種からそだてたひょうたんは 仏の恵みでありますと  
    すずめの介抱もの行為も人間も動物もなく生命あるものすべてに対する昔の人たちの豊かな愛を教えられますとありました

    宗教の心を 教えられた思いですが 素直に 受け止める事ができます

    そして 教えを心にとめて 生きていく事が 大切とこの絵本は教えてくれました


    ほかの こしおれすずめも読んでみます!
    子供にもよく分かる昔話だと思います

    語りで お話ししてあげるのも良いと思いながら 読んでいます

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット