ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ものすごくおおきなプリンのうえで」 みんなの声

ものすごくおおきなプリンのうえで 作:二宮 由紀子
絵:中新井 純子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784774611600
評価スコア 3.94
評価ランキング 28,539
みんなの声 総数 78
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 真意をしって

    最初読んだときこの絵本。。いやだなと思ってしまいました。
    最後の最後で地震を思い出すから・・。
    でも最初に感想を書いたあとに
    作者の二宮さんは、阪神大震災を体験されていた方なのだと
    知りました。決してなんとなく地震がでてきたのでは
    ないことを・・。

    「作品の最後に、そのときのことが色濃く出た。」とのこと。。

    作者二宮さんの言葉を転記しますと
    「すべてのことに、絶対大丈夫なんてことはない。
    「大人がもっともらしく言うことをうのみにせず
    「自分で考え、疑う姿勢を身につけてほしい」

    思いがこもった作品だったのに・・地震とでてくるから
    いやだ。。思い出すから、怖い、好きじゃないと
    安易な評価しかできなかった自分を
    恥ずかしく思いました。
    作者の方の思いをしらず低く評価してしまいました。。

    掲載日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    14
  • 最後が。。。。

    • 紅犬さん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    まず、これが課題図書になっていることに驚き!
    これで感想文を書けと言っても。。。
    それにしても、ここに出てくるお菓子がちっともおいしそうに見えないのはどうしたものか。
    何より、プリンに見えない。
    私も娘もこれ何???と首をかしげながら読みました。
    そして、最後の地震に気をつけての一文。
    これで一気に夢からさめて、現実に引き戻されました。。。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    7
  • たのしい!

    ものすごく大きなプリンの上で、なわとびしたら、どうなると思う?
    次々、いろんなお菓子の上でなわとびをします。
    さて、なわとびをするのに一番いい場所は・・・?

    ありえないんだけど、そんな大きなお菓子を想像するだけでニンマリ。

    文章は短いので小さいお子さんの読み聞かせにもいいですが、自分でなわとびをできるお子さんなら、より絵本の世界を想像できて楽しいかもしれません。
    うちの小1の息子にもウケました。

    明るい色合いのかわいい絵柄です。

    掲載日:2010/05/11

    参考になりました
    感謝
    7
  • とても奥が深いのですよ

    ナンセンス絵本の好きな私がこの本には惹かれなかった。
    なんで、プリンの上で縄跳びしなきゃならないの?
    なんで、アイスなの?
    もっと安全なところですれば良いのに。
    と。
    この本を読んでいる間、とても不安になる。やっと、かたいビスケットが出てきて地面が出てきてホッとする。
    だけど、地震ときてまた不安になる。

    そして気づいた。
    ああそうか、私たちはなんと不安定なところで生きているのだろうかと。
    安全と思い、安心のよりどころにしていた大地でさえ裏切るのだ。
    プリンの見かけに騙されてはいけない。
    この絵本は警告しているのだ。安全な日常などないのだと。

    あの未曾有の大震災の後、この絵本を読んで良かった。
    年月がたてば、震災の記憶も薄れるだろう。でもこの本を開けば、この感情が蘇るにちがいない。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    6
  • 笑えません

    この本が課題図書って何で?
    お話も分からないし、何も感じませんでした。
    食べ物の上でなわとび、というのは
    ユニークなのですが、それが
    夢の世界ならいいのです。
    地震のときは揺れますから気を付けてって・・・
    そんな一言で終わっていいもんでしょうか。
    何が言いたいのかも分かりませんし
    ナンセンス絵本として笑うことも出来ません。

    掲載日:2011/07/19

    参考になりました
    感謝
    6
  • ナンセンスな設定なのに、ありえそうで笑える。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    最近本屋さんの棚台でよく見かけて(夏休みの課題図書なので)すごく気になっていたんですよ〜。
    たまたま図書館の新刊コーナーに並んでいるのを見つけて飛びついて借りてきました。

    下の小6の娘が一緒に読んで「これは久々に面白いよ。学校で読んであげなよ」と、言ってくれました。
    確かにかわいいし、ものすごくナンセンスな設定に思わず笑いが込み上げます。
    でも、絵本の中の子どもたちはひたすら『縄跳び』しちゃうし…。
    小さな子供の描いたような絵柄というのも、見ている子どもたちから好感が持たれそうです。
    ありえないのに、ありえそう〜。その上でてくる食べ物は子どもたちの好きな甘いお菓子!
    一度読んだら魅了されてしまいます。
    試し読みで今回は借りてきましたが、私も購入しようと思います。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    5
  • 朝の本読み会でも好評でした♪

    独身の時に神戸市東灘区で阪神大震災を経験しました。
    文章を書かれた二宮さんの記事を目にしたことがあります。
    「すべてのことに、絶対大丈夫なんてことはない。大人がもっともらしく言うことをうのみにせず、自分で考え疑う姿勢を身につけて欲しい」
    わたしも子どもには生きていく力を身につけて欲しいと考えます。
    中新井さんの描かれる絵は、お茶目で以前から大好きです。
    小学校の朝の本読みでも好評でした。
    わたしもこどももお気に入りの絵本です。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    4
  • なぜなわとびをするのだろう?

    3歳9ヶ月の息子に読んでやりました。プリンが好きな息子に読んでやったのですが、よくわからない展開に二人で唖然としていました。

    大きなプリン、ケーキ、アイスクリームと子供の大好きなものの上でなぜかなわとびをしようとします。しかし、解けてしまったり、足場がわるかったりと崩れてしまいます。ありえないことではあるけれど、なぜなわとびなんだ?と。わけがわかりませんでした。

    まだ縄跳びをしたことがないからか、息子には実感が湧かなかったみたいです。食べられるほうがよっぽど楽しかったと思うのですが・・・。ユーモアとして受け止められる子なら楽しいと思えるのかもしれませんね。

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • 出会えてよかった。

    課題図書だったから、この本に出会えました。
    みんなの感想を本日、目にして、確かに飛躍した内容ではありましたが、こんな風にとらえる人もいるのだな〜と感じました。

    いろいろな食べものの上で縄跳びをするなんて、想像もしたことなかったです。私も子供も予測のできない展開に楽しんで読みました。
    それにより、子供もいろんなことを考えていましたよ。
    文章は短いけど、絵の中にもいろんな物語があって、何度も開きました。

    二宮先生の背景、ほかの作品を読まれたら感じ方が違ったかもしれませんね。良いきっかけにして欲しいです。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • なんて、楽しい!!

    絵を見ていくだけでも、おもわずニヤニヤ (^v^)

    子供の想像力ってすごいものがありますから、
    どんどん、話が広がっていくのではないでしょうか?
    『じゃ、ものすごく大きなハンバーグの上だったら・・・』とか!

    読み聞かせに、とても良いと思います
    絵もシンプルな中に、楽しくはずむような色使いで惹かれます

    おやつの時間になると、この絵本を思い出しそう!!(笑)

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    2

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット