モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

こぞうさんとりゅうのたま」 みんなの声

こぞうさんとりゅうのたま 作・絵:はせがわ かこ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784477020907
評価スコア 4.86
評価ランキング 64
みんなの声 総数 13
「こぞうさんとりゅうのたま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 泣き虫小僧さん、頑張ったね

    もう泣かないと和尚さんに約束した泣き虫小僧さん。
    使いに行った帰り道のかみなりにも土砂降り雨にもがまんがまん。
    泣き虫小僧さんは泣き虫だけれど、弱虫ではないのです。
    そしてとてもやさしい小僧さんです。
    お母さんとはぐれた坊やを背負って、お寺を目指します。
    嵐の中、川の流れが荒れ狂う橋の上。
    竜との出会い、その竜が背中に背負っていた子どものお母さんだったこと、なんだか幻想的で、心洗われるように描かれています。
    最後には泣いてしまった小僧さんですが、この涙は泣き虫を乗り越えた涙ですね。
    最後までがんばった小僧さんに拍手拍手です。

    すっきりと読み聞かせのできる良いお話。
    離れた場所からでも絵がくっきりしているので、大勢の前での読み聞かせにお奨めです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいなぁ

    泣き虫小僧さんが、おつかいの帰りに龍と出会ってしまいますが・・

    小僧さん、そして龍の坊やの可愛いこと!
    特に、坊やが川の中でお母さん龍の気配を感じるところ、お母さんの背中に乗ってニコニコになってるところ、それと対照的に小僧さんのビックリ顔!どの表情もかわいいなぁ〜と思いながら読みました。

    泣き虫小僧さんが、何度も泣きたいのを我慢してこらえてる姿も、愛おしく感じました。
    最後、和尚さんが自分のことを心配して待っている姿を見たら、ほっとしたのでしょう。今までの気持ちが溢れてしまった様子に、「よく頑張ったね!」と声をかけてあげたくなりました。

    小僧さんの心の成長がとてもよく描かれています。
    そして、親子の愛情もひしひしと伝わる素敵な絵本です。

    挿絵もいいですね!
    渦巻く雲、荒れ狂う波、龍もとても迫力があって、シンプルだけどとても丁寧に描かれていて、素敵な絵本ですね(^^)

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵良し!お話良し!!

    泣き虫のこぞうさんが、おつかいの帰りに怖い目に遭うけど、頑張って乗り越えるというお話です。

    突然の悪天候や、竜の出現!
    スリリングでドキドキです。
    必死に耐えるこぞうさんの姿、厳しいようで、誰よりもこぞうさんを心配している和尚さんの気持ちにも、ジワッときました。

    大胆で無駄のない、とっても綺麗な絵です。
    こぞうさんの感情もよく伝わります。
    みなさんのレビューが、そろって高評価なのも納得です!

    絵良し!お話良し!!の一冊です。

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 千と千尋

    うちの子は千と千尋が大好きなのですが、この絵本のワンシーンに、子供が竜に変身するというのがあったのです。それが、千と千尋に出てくるシーンに似ていたので、子供は気に入ってみていました。ストーリーがしっかりしていて、大人も楽しかったです。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小僧さんかっこいい!

    小僧さんの一人きりでの冒険が描かれた一冊です。

    正義感の強い小僧さん、だけどお母さんのことを思い出すとやっぱり寂しくなってまだまだ子供だもんね。

    やっぱりお母さんに会いたかったな、なんてかわいらしく思いながら帰ってきて、その時和尚さんの小僧さんを思う気持ちを知って涙する場面はなんだかこみあげてくるものがあります。

    こうやってわが子たちも少しずつ大人になっていくのかな、そんな風に読み聞かせながら感じていました。

    5歳でも十分楽しめていましたが、小学校低学年くらいの方が理解もりゅうが出てくる世界も深く楽しんでもらえるんじゃないかなと個人的には思いました。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誠実でガンバリ屋さん

    泣き虫のこぞうさんは和尚様と”もう泣かない”と約束をした。
    村にお使いに行った帰り、お母さんを思い出し、雷が鳴りだして
    心細くなっても泣くのをがまんするこぞうさん。そんな時
    穴に落ちた迷子の坊や見つけて助けてあげます。その坊やの正体は!?

    ”龍の玉”を考え通りに使い損ねた時は
    「あ〜あっ」なんて声を出してしまいましたが、
    一番良いトコロに落ち着き読んでいて優しい気持ちになれました。

    お話の途中、何度も何度もこぞうさんは泣きたくなります。
    でもぐっと我慢します。
    心細くても、怖くっても、和尚さんとの約束を守るこぞうさん。
    健気です。こぞうさんの顔が表情豊かでとっても可愛い!

    迷子の坊やがお母さんと会えた時、
    坊やのお母さんは涙をポロポロこぼしました。
    こぞうさんがお寺に帰った時和尚様の気持ちを知り、
    安心もあって感極まって、
    こぞうさんは大きな声をあげて泣いてしまします。

    コワイ時の涙と、最後にこぞうさんが流した涙の違いが
    子どもに伝わったかな?

    息子は、「こぞうさんのお母さんは死んだのか?」と聞いてきました。
    子どもなのにお寺に修行のため泊まり込んでいるということが
    分かりにくかったようです。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • りゅうのたま

    母親から離れ、お寺に勤める泣き虫こぞうさん。
    あるとき、子供を助けますが、実は竜の子の化身だったのです。
    母親竜からお礼に、願い事をかなえてくれる「りゅうのたま」うを受け取ります。
    本当は母親に会いたいという願いをかなえたかったのに、
    うっかり(?)違うお願いが聞き入れられてしまいます。
    親子の愛情や周りの人への感謝の気持ちを教えてくれるお話です。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語る絵

    絵の迫力が凄いです。
    可愛いこぞうさんの不安げな顔の表紙を見せた途端
    子供は一歩引きました。きっと怖いお話だろうと
    思ったようです。

    こぞうさんは、一人でどうしてお母さんからも
    離れてこのような辛い思いをしなければならないのだろうと
    子供はとても不思議に思ったようです。

    仲間に囲まれ修行していた一休さんでも
    母上様と離れた修行は大変だったと思うのに、
    このこぞうさんは一人だもの。
    それでも、慈愛を持った和尚様に大切に思われて
    良かったね。と思わせてくれる優しいお話です。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぞうさんの大粒のなみだのわけ

    なきむしのこぞうさん おしょうさまと 約束した 「もう、なかない!」
    ひとりでおつかいに 雨は降るし 泣きたくなるのを ぐっと がまんしている気持ちが いじらしいです。
    はせがわ かこさんの 小僧さんの絵が いいんです! 怖そうな目の表情が 何とも言えず かわいくて・・・・

    穴にはまった ぼうやを助ける勇気! 小僧さんはずいぶん成長したな〜
    けがした坊やの足に 手ぬぐいまいてあげて、しかも おんぶしてあげて、いじらしくて、私も「がんばれ!」と応援していました

    なんと 助けたぼうやは りゅうの子供だったとは すごい大きな龍はおかあさん 龍のお母さんは、子供を助けてもらったお礼に ひかる”たま”をあげるのです。(龍も人間も母と子の愛はおなじです)
      
    願い事が叶うというたまです
    こぞうさんは、本当は お母さんに会いたいと願いたかったのですが・・・・

    おしょうさまとの 鐘を突く約束をおもいだし たまはその願いを叶えてくれるのです

    おしょうさまも 「こぞうがぶじにかえってくるように、ナムナムナム・・・」お経を唱えてくれたのです

    こぞうさんは この時 むねが ギュッ ギュッとなって おおごえあげてなくのです
    この顔が 本当に大粒の涙を流して 悲しいと言うよりも 自分が泣かずにがんばったこと  おしょうさんが心配してくれたことが嬉しかったこと お母さんに会いたかったこと 様々な思いが入り交じた 涙ですね!(鼻水と 大粒の涙の小僧さんが いじらしいです!)

    気持ちが分かるだけに ホロリとします・・・・
    いろんな 体験をしたこぞうさんはやっぱり 成長したね!

    子供にもよく分かる良いお話です、読んであげたいです!
    皆さんもどうぞ読んでみてください!

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にこぞうさんを泣かせたもの☆

    まだ、新しい絵本なんですね。
    図書室で「昔話風もたまにはいいかな?」と手に取った絵本です。
    家庭で3人の子どもたちに読み聞かせました。

    いつもはすぐに泣いてしまうこぞうさんでしたが、がまんしてがまんして、最後にこぞうさんを泣かせたもの・・・。
    それはまさに自分を心配してくれる誰かの気持ち☆でした。


    柔らかさの中にも迫力のある竜の絵や、アップの小僧さんの泣き顔が魅力的な温かい挿絵もよかったです。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット