貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ハローキティのなんでもパクパク」 みんなの声

ハローキティのなんでもパクパク 出版社:サンリオ サンリオの特集ページがあります!
本体価格:\408+税
発行日:1990年03月
ISBN:9784387900184
評価スコア 3
評価ランキング 40,457
みんなの声 総数 1
「ハローキティのなんでもパクパク」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘がキティちゃんの絵本を読みたいと言うので借りてきましたが
    あまり楽しくなかったです。
    キティちゃんがにんじんやピーマンがきらいだと騒ぎ、食べずに
    眠ります。その夜おばけがやってきて危ないところをにんじんさんや
    ピーマンさんに助けられ、翌日からはにんじん達を大好きになって
    食べるというお話。

    ううむ。なんだかとってもわざとらしいように思えてしまうなあ。
    それに、子どもってそんなに、にんじんやピーマンが嫌いなのでしょうか。
    娘は、野菜が大好きでにんじんなぞも生でぼりぼりいける口なので
    不思議なのです。それにこうやってあんまり「にんじんきらい」みたいな
    絵本に触れていると、「にんじんっておいしくないのか」と思って
    好きだったものが嫌いになりそうで怖いです。

    まあ、親の心配はよそに、娘はなんだか楽しんで読んでいるようでは
    あるのですけれども。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット