庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

幸福の王子」 みんなの声

幸福の王子 原作:オスカー・ワイルド
絵・抄訳:原 マスミ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784893094872
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハッピーエンドが嬉しい!

    あまりにも有名な『幸福の王子』。
    みすぼらしい姿で、足元にはツバメの亡骸、どんよりとした空から舞い降りる雪・・・。
    私の記憶は、そこで終わっています。あまりにも切ない・・・。

    でも、この本は違いました!
    その続きがあって、ツバメとともに神様のところに連れて行ってもらい、いつまでも幸せに暮らします。
    自らを犠牲にし、人々を幸福にした王子とツバメの幸せそうな姿!
    ホッとするとともに納得の結末。

    王子が人間だった頃のエピソードなどもあり、貧しい人を救いたいと思った王子の気持ちなどが、丁寧に描かれています。
    ちいさな子にも、わかり易い『幸福の王子』です!!

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 王子とツバメの会話

     「幸福」ってなんだろう、と考えさせられるお話。

     銅像の王子が、自分の体の宝石を、貧しい人に届けてほしいとツバメにたのみます。王子とツバメの会話が、いきいきしているなと思いました。はじめは、エジプトに帰りたがっていたツバメですが、、、。

     宝石もなくバラバラになった王子とツバメが、天使たちに運ばれていく、最後の場面にしみじみしました。

     ぽってりしたキャラクターが、ほほえましかったです。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なくも心温まる絵本

    • かっぴーさん
    • 30代
    • せんせい
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    切なくも心温まるストーリーです。貧しい人々のために自分を犠牲にする王子とそれを手伝うツバメの姿は、立派だと思います。悲しい場面と幸せな場面で絵の色彩が分かれているところも気に入りました。最後が明るい色彩で終わっている所がいいですね。少し長めですが、年長児にはしっかりと心に伝わると感じました。早速6歳のわが子に読むと、「いいことをすると心がポカポカするんだね」とポツリ。また「最後に天国に行ってよかったね」とハッピーエンドにほっとした様子を見せていました。年長の後半の時期に読んであげたいお薦めの1冊です。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット