ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

買物絵本」 みんなの声

買物絵本 作・絵:五味 太郎
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784893094933
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「買物絵本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供に伝えたいかな

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    小学校2年生の長男に勧められそうな本を探していて、まずは自分で読んでみました。

    お金で買えるものが良い面、悪い面両方を対比させて並べてあります。お菓子を買えば、おいしさ、たのしさ、うれしさも買えるけど、虫歯も買えるし、その治療も買える・・・のようにです。でも、旅行を買えば、事件も買えるそうですが、その絵が飛行機墜落事故だったり、お金で学校へ通う権利を買えるけど、(先生の)いやみ、こごと、もんくも買える・・・など、ちょっと茶化しすぎな気もします。

    それを面白いと感じられるのは大人になってからかなと思いました。お金についていろいろ考えるきっかけになるかもしれませんが、息子に読んでほしいとは思えませんでした。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金で買えるもの

    このお話は、お金で買えるものがたくさん紹介してありました。物だけではなくて、物を買ったことによって幸せになったり、時間が作れたりするのも「買う」ということだと書かれていました。子供にこのお話を読んでいて、「なるほどな〜!」とちょっと感心しました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどね

    物を買うってどんなことなんだろう。
    五味さんが展開するのは経済的な視野ではなく、心理的な考察でした。
    物を買うことで得られたものは心理的にとても効果的ではあったけれど、心理的にはプラスにもマイナスにもなる様々な付加価値もつけてくれます。
    一つの買い物に対する心理効果を、ちょっと意地悪く別の角度から見てみると、なんだかつまらない買い物をしているような気になってしまいました。
    たとえば宝くじ。
    夢を買ったはずなのに、当たったらどうしようと不安いっぱいになってしまう自分。
    あたったら不幸になるのなら買わなければいいのにね。
    たとえば募金。
    自分は見栄でお金を提供しているのだろうか、自分は偽善者ではないか、募金の額は自分にとってお賽銭のようなものではないか。
    結構モノを買うことに臆病な自分は、買物ストレスを抱えているようです。
    ものの見方について、五味さんのちょっと辛辣で意地悪だけど本質を語っている洞察に感服。
    この本を買うことに疑念を持つ人が増えたら、この本に毒される人が増えたら…、きっと経済は低迷するとは思いますが。

    掲載日:2012/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金の哲学

    これは深いですね〜。お金で買える商品やサービスをこえて、それらで、人が感じる気持ちや、それにより起こりうる事柄にまで話が及んでいます。こうやって、じっくりどっぷり考えだすと、頭の中がグルグルしてきます。「待てよ、この商品、簡単に手にとってしまっていいのかい?」なんて・・・(笑)

    深く考え込む人、そんなの関係ない人、先まで見通して信念(?)をもって使う人、いろいろ・・・。と、余計な考察までしてしまう私は、深く考え込みすぎる人かも?(笑)

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金って

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    お金のことってあまり口にしてはいけない気がして。
    なんだか、おおっぴらにお金の話ってできないものですよね。

    不思議なことに、この絵本、そんなためらいを吹き飛ばしてくれるくらい、いろいろなお金の見方が描かれています。

    ああ、そうか。そういう考え方もあるのね。
    お金で買えるものってものだけではなかったんだ。
    人の気持ちも含めて買っていたんだ。
    なんて、心の中でつぶやきながらページをめくりました。

    ちょっと目線を変えるだけで、お金へのイメージがこんなにもかわるんですね。
    大人こそ読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    お金で何を買うことができるかという考察の絵本です。

    買えるものは決して物だけではないこと。
    いいものばかりでなく、いやなものも買ってしまうことがあること。
    手に入らないものも、それを知るということを買っているということ。
    などなど、何だか奥が深いものになっています。

    巻末には、お金や買い物についてのアンケートが用意されています。
    この絵本で何を感じ取ったのか、子どもとアンケートに答えながら、一緒に話し合ってみると面白いと思います。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金で得られるもの。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    さすが、五味さん!素敵な五味さんワールドです。
    「お金」で得られる物について、考える事の出来る絵本です。
    物は、お金で買えます。
    物意外にも、色々あります。
    『お金で何を買うことができるか』という考察の絵本です。
    大人も、子供も見ごたえありの本です。
    色々と考える事の出来る絵本です。
    みんなに読んで、考えて欲しい絵本です。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット