だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

「こどもの時間」 みんなの声

こどもの時間 作・絵:西原理恵子
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784652040881
評価スコア 4
評価ランキング 12,590
みんなの声 総数 2
「こどもの時間」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こどもとは・・・

    「毎日かあさん」が大好きな娘といっしょに読みました。

    西原さんのいろいろなエッセイなどから抜粋したアンソロジーになっています。

    こどものころの思い出などを大人になった今
    自分の子供と過ごしていてふとしたときに思い出したりする
    そんな、子育て世代の大人にしみる一冊だと思います。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものころのわたし

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子15歳、男の子12歳

    シリーズ2冊目。
    「こどもの時間」をこどもの視点で、
    リアルに切なく描いていると思います。
    タッチは全く違うけど、酒井駒子さんにも負けんぞ〜?!
    西原さんは「こどものころの自分がかわいそうで、
    大人になって自分の描くまんがの中で 
    かわいそうな私を たすけに行く」のだそうです。
    それっていいな・・・羨ましいな・・・と思いました。
    でもそうするためには、辛かったり悲しかったりした
    その「こどもの時間」を覚えていないとできないわけです。
    私も、ちゃんと古いアルバムを整理したりして、
    私の「こどもの時間」を思い出したり、
    こどもの私に会いに行ったり、
    遊んだり、ハグしてあげたいと思っているのです。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット