もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふたりのナマケモノ」 みんなの声

ふたりのナマケモノ 作・絵:高畠純
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784061324268
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 癒された!!

    このえほんは
    ゆ〜っくり、
    じ〜っくり、
    た〜っぷり、
    じかんをかけて
    あじわってください。  とのこと。。。

    背表紙のナマケモノの顔がなんとも言えず 私のツボ!!

    読んでみました。。。
    息子もとても気に入ったようですが私の方がハマったかも。

    夜寝る前に読むんだったら3編あるうちの一つがいいかも。
    できたら予定のない休みの日にまったりしながら読みたい。
    ユーモアもあって、心地よくて・・・そんな絵本です。

    ナマケモノはなまけているのではなく「ゆっくりが好き」。
    ハッとしました。
    最近の私は見方が片方からばっかりだったな・・・と・・・。

    癒しと心の栄養をもらった気がします。
    頑張りすぎているなと感じたらこの絵本でリセットしたいと思います。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    3
  • ゆっくりも、いいもんだぁ!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ナマケモノという動物がいます。
    ナマケモノは、決して怠けているわけではありません。
    ゆっくりが好きなのです。

    そんなナマケモノの1日が描かれています。
    おたまじゃくしからかえるへと変わっていく流れを見ています。
    他の動物たちとの関わり合いが描かれています。

    三編のお話は、ナマケモノならではの視線だからこそ、できるものばかりです。
    常に、何かに追われ、あくせくしている日常を離れ、決して怠け者ではないナマケモノの気持ちになって、ゆ〜っくり、じ〜っくり、た〜っぷり味わうのもいいと思います。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    2
  •  ガシッ!とこの本をつかまえ、「やった〜!高畠先生の新刊だ〜」と喜び勇み読みました。
     なになに?講談社子どもの本通信「dandan」連載の人気作なんですか。

     も〜、楽しい。
     ナマケモノを見習わなくっちゃ、って反省させられる程心和みました〜。

     息子は、〈とつぜんのテナガザル〉、ははは、〈ぼくも〉が気に入りました。

     「はやくしなさい!」「まだしてないの?」って、言い過ぎかもしれませんね。
     でも、また明日言っちゃうんだろうな〜(笑)。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 信じられない

    信じられないくらいの怠け者にただただ呆れました。お腹が空いていても背中に背負った握りめしを下ろすのが面倒なんて理解に苦しみました
    ふところから紐をだすのが面倒で笠が風で飛ばないために口をあけっぱなしにしているのも信じられない二人でした。でも、二人が手足を動かすことの素晴しさに気づいて生まれかわったように、くるくる働くようになったのでほっとしました。二人にもお嫁さんをもらって我が子のために益々精出して働き者になったので当たり前のことなんだけれど仕事ができることって幸せだなあって思いました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • じっくり味わいましたよ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    高畠先生の描く動物モノって、何と言うか飄々とした時間が流れますよね。毎日バタバタとした時間を過ごしている人達にこそ、ゆっくりソファにでも座って読んで貰いたい本だなと思いました。もっと読みたい。味わいたい。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナマケモノ時間

    『た〜っぷり、じかんをかけて あじわう』のか・・・。
    そこで、スピードを1.5倍くらい遅くして、読んでみました。
    いつもと違う様子に「?」だった娘ですが、オチの部分にくると大爆笑☆
    お話は4つに分かれていますが、どれもこれもノ〜ンビリ♪
    そこにあるのは、ナマケモノ時間。

    決してなまけている訳ではない、ナマケモノ。
    癒されます!すごく素敵な一冊です!!

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわじわ面白い

    ナマケモノが好きな様なので、借りてみました。

    この絵本は、ナマケモノの1日を3つのお話を通して楽しみます。

    ナマケモノになったつもりで、ゆ〜っくりゆ〜っくり読み聞かせをしていきます。

    あまりにテンポが遅いので、息子は面白かった様子。

    お話の内容も、ほのぼのとさせる感じで癒されました。

    のんびりとした雰囲気になり、読んでいて心地よかったです。













    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったり笑える!!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ふたりのなまけものの、何にも動じない、こののーんびりさ加減が、おかしくもあり、また、心にホッと安心感をくれたような、読んでいて温かくなる絵本でした。

    日々せかせかしている自分や、せかしてしまっている子ども達と読んでいると、あぁ、こんな世界でもいいかも、これくらいのんびりマイペースなのもいいかもって、安らぎを覚えました。実際は、中々こんなのんびりできないけど、こういうのんびりした絵本をのんびり読むひとときって、すごく大事だなぁって思いました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四話収録

    短いお話が四話入っていました。子供的に一番気に入っていたのが、オタマジャクシのお話でした。私は初めのお話が気に入っていたのですが・・・。ナマケモノが遅いのがとってもかわいくて、面白い感じで描かれていました。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高畑 純さんの 絵本の思いがほんのりさせてくれます
    このえほんは ゆ〜っくり じ〜っくり た〜っぷり じかんをかけて あじわってください。
    ナマケモノという動物がいます。 こんな書き出しです(おや? ナマケモノという動物の名前は 誰が付けたのでしょう? おもしろい名前 )
    ーあめがふってきたー のんびり木にぶらさがる ふたりのナマケモノが かわいい顔してる!
    このふたりの のんびりさに 癒されますね。(忙しい現代人には)
    あらっ  コーヒーとお手紙(しゃれているな〜 読者へのサービスですか? それとも 高畑さんの癒し?)
    ーあっ、おたまじゃくしー
    ーとつぜんのテナガザルー   おもしろくて 笑えます!
    ーぼくもー  ゴリラの優しさに 何だか嬉しくなりました みんながゴリラにぶら下がり ゴリラも満足そうなのがいい!
    ゴリラへのお礼の バナナですね!
     
    ありがとう! じ〜っくり あじわいました。
    みなさんも  じ〜っくり どうぞ!

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット