だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

「いぬの さんぽ」 みんなの声

いぬの さんぽ 出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年03月
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「いぬの さんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬の習性がよくわかる

    最近、「かがくのとも」を読む頻度が非常に高いです。

    息子が科学好きということもありますけれど、一人読みにもちょうどいいなあと思います。

    そういえば、最近読んだ本は「犬の秘密」と「ドリトル先生と月からの使い」どちらも犬がメインで犬づいているなあと思いました。

    短くまとめられていますが、犬の習性がよくわかる本だと思います。

    絵もきれいで好感が持てました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワンちゃんとは・・・

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    室内犬を我が家でも飼っていて6歳の息子よりも2年早く生まれています。だから息子も家族、兄弟のように接しています。この本は、犬の目線からの家族をみるように描かれていたので、息子に読ませたくて手にしました。ダックスフントの私が主役。犬の目から見た風景ってこんなふうなんだ、においを嗅ぐのはこんな理由があったのかなど犬について知らなかったこと、もしかしたら我が家の犬もこんなことを考えているのではなどと思い巡らせながら読むも良し。犬を飼ってみたい方、犬に興味のあるお子さんが、まずは読んで見るのも良しかと思います。また、アレルギーなどで犬が好きでも触れない、飼えないお子さんにもとてもリアルな毛並み、足裏の肉球が描かれているので犬の愛らしさが充分感じられることと、月刊誌かがくのともから出版されているのも納得のいく1冊でした。

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット