十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

はちかづきひめ」 みんなの声

はちかづきひめ 再話:長谷川 摂子
絵:中井 智子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2014年09月05日
ISBN:9784834081121
評価スコア 4.86
評価ランキング 64
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なんて美しい絵本

    表紙の美しさに惹かれて手に取った絵本。表紙をめくると、見開きにまで素敵な絵が描かれています。頁をめくる度に美しい絵が現れて、何度もため息をついてしまう程。特にはちが取れる場面は見惚れてしまいました。
    2歳の娘は日本のお姫様の絵を見るのが始めてだったので、着物や長い黒髪の美しさをこの絵本で感じ取ってもらえたら嬉しいです。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 声を大にしておススメしたい一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    『鉢かづき姫』は、私がこどものころに大好きだったお話。
    自分が読んだのと同じ絵本は見つからなかったけれど、
    絵本ナビさんで検索して、この一冊を図書館から借りてきました。

    私が昔読んだ絵本より、全然素敵な絵本!
    まず、絵がとっても素晴らしいです。
    表紙に出てくるはちかづき姫の十二単に緑なす黒髪が、
    決して派手な色彩を遣っていないのに、
    とってもきらびやかに描かれています。

    どのページも、控えめで、でも訴えかける強さを持った絵。
    そして、大人にも子供にも分かりやすい文章。

    読んでいる間に、ことばのうつくしさと、絵のうつくしさに
    ひきよせられるように寄ってきた3歳の娘。
    すっかり魅了されたようで、最後までしっかりと話を聞いていました。

    「むかしばなし」をお子さんに読みたいという方に、
    是非、声を大にしておススメしたい一冊です。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • はちかづきって何かな、と思いながら読みましたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    観音様のお告げとはいえ、何と滑稽な…。見世物にさせられたはちかづき姫はお金儲けの道具に…しかし観音様のお告げ通り、最後にはめでたしめでたしな結果に…読んでよかったはちかづきひめ…久々に爽やかな読後感です…!

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に引き付けられました

    御伽草子の話が基になっているそうですが、私の知っている物語とはチョッと違うようです。
    子どものいない夫婦が観音様に祈りつづけて授かった赤ん坊、産まれた時から頭に鉢をのせられた赤ん坊、何だか昔ばなし風です。
    はちかづきひめに対する継母の執拗な虐待は、白雪姫を思い起こさせます。
    そんな事はおいて、気品のある中井さんの絵は中世絵巻のように、見る目を引き込んでしまいました。
    グリム童話と近いようですが、あくまでも日本的な物語、説話になっていると思います。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい日本画

    鉢かづきのおはなしは、なんとなく昔読んだ記憶がありますが、子どもたちには読んであげたことがありませんでした。また再び出合うことができてうれしかったです。
    昔話は挿し絵によって印象が変わりますが、この絵本の挿し絵は本当に美しい日本画でうっとり。大人が読んでも満足できる物語になっていました。
    これからも子どもたちに美しい日本画をたくさん味わってもらいたいです。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綺麗な絵

    とてもきれいな絵で昔話がすすんでいきます。どうなるんだろうとどきどきしますが、イラスト風の絵ばかりでなく、このような絵を見るというのもこどもにとって新鮮だと思います。はち(お椀のようなもの)を、かぶる姫なので、昔の言葉がよくわからず、何のこと?と言っていましたが何度も読んでいると絵をみてわかったようです。ちょっと怖いところもあるけれど、色使いが素敵です。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵

    4歳長女が頂いた絵本です。小さいころに私自身読んだことはありますが、内容を忘れていました。初めははちかづき姫が可哀想でたまらなかったのですが、最後は良かったです。親子で一安心しました。

    やっぱり名作と呼ばれる昔から読み継がれているお話は、心にぐっときますね。聞いたことがあるけど、ちゃんと覚えていない親の方も読んでみてください。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉢かつぎ

    私が子供のころにも読んだのですが(別の作者さんで)、このお話自体を知っている人があまりいなくて・・・
    この絵本で、初めて子供に読み聞かせることが出来ました。

    まず表紙の十二単が美しかったです。
    日本の美を子供に伝えられるかと思います。

    お話のほうも面白かったようで、子供から「もう一回、読んで」とのリクエストがありました。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい

    絵本の表紙がとても美しく髪も長くて後姿に見惚れて図書館から借りて

    きました。昔読んだことがある記憶があり、改めて読むととても新鮮で

    夢中になって読んでしまいました。

    いつの時代でも子供を欲しがる仲の良い夫婦には、なかなか子供が授か

    らないものなんだと思ってしまいました。継母も悪い人ばかりではない

    のに、父親も折角観音様に授けて頂いたのにと思うと怒ってしまう私で

    した。子供の頃とはまた違った感想に思います。

    とにかく結末には、大満足な私です。いつまでも幸せな気持ちでいられ

    ました。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 京都の画廊で、中井智子さんの日本画の原画はすばらしくて、思わず見入りました。

    はちかつぎひめのお話は、知っていましたが改めて 絵本は絵も非常に影響力があると思いました。

    かんのんさまの言いつけをまもり はちをかぶっていた女の子「いじめにもあいます」
    人と違う姿だったりするといじめるんですね もちろん はちを担いでいるのは、目立ちますが・・・

    おかげで 継母にいじめられても はちのおかげで川を浮いて流れるんです
    そのおかげで とのさまに目をかけられ息子と幸せに暮らすのです
    観音様のおかげですね

    それにしても 中井さんの絵は 源氏物語のようでした!

    原画がすばらしかったので 絵本を購入して読みました。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット