だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おはなし飛行船 卵と小麦粉それからマドレーヌ」 みんなの声

おはなし飛行船 卵と小麦粉それからマドレーヌ 作:石井 睦美
絵:長 新太
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784892387616
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「おはなし飛行船 卵と小麦粉それからマドレーヌ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は中学一年生

    この作品の続編を紹介して下さる方があり読んでみました。

    高楼方子さんや梨木香歩さんが好きな方が気に入りそうということだったので、私はどちらも好きなので読んでみたいと思いました。

    確かに似たテイストを感じます。

    作者あとがきを読むと横浜出身の方なんですね。日本のお話なのですが、どこかおしゃれな感じがあります。

    中学に入ったわたしは亜矢と友だちになります。

    家庭生活は幸せだし、亜矢との仲も順調なのですが、お菓子作りの好きな母にフランスに留学の話が持ち上がります。

    自分のあり方を見つめ始める時期というのか、気持ちの上でもしっかりとしたものが芽生え始める時期というのか、うまく表現できないのですが、少女の自立の一歩というような印象を持ちました。

    主人公が中学一年ですから、そのぐらいのお子さんが読んだら共感できそうな内容だと思います。他の作品とこの作品の続きを読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット