しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(28) しいちゃん」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(28) しいちゃん 作:友部正人
絵:沢野 ひとし
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784894325173
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,171
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こころの支えになったおばさん

    ふしぎなおばさんは、しいちゃんのこころが、作り出したものなのかな?
    春になればたんぽぽと一緒に花粉症の不思議なおばさんがやってきます。しいちゃんは自分と話しているようにやすらぐようです。
    でも17歳になったとき、おばさんは綿毛のように飛んで行ってしまいます。
    しいちゃんにはボーイフレンドができたり、パリに留学したりと色々なことが起こって、もうおばさんが必要なくなったのでしょうか。
    そして、日本に帰ってきたとき、しいちゃんは花粉症になり、ちいさなしいちゃんのような女の子に出会いました。
    花粉症のおとなのしいちゃんや、ちいさな女の子にインタビューをしたいような気持になりました。

    掲載日:2016/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界観

    一度読んだだけでは、このお話しを通して作者が私たちに伝えようとしているものがうまく読み取れませんでした。
    でも、薄い水彩絵の具の素朴なイラストと、なんとも不思議な感じがするストーリーは、もう一度読み返したくなるような不思議な気持ちがしてきます。
    しーちゃんと河原で話す黒い服のおばさんは、普通でいうと、怪しい不審者にしか見えませんが、何ともこのストーリーの不思議な世界にひき込まれていくとそう感じさせない安心感がなぜかありました。

    対象は子どもではなくもしかしたら大人向けなのかもしれません。
    しーちゃんが大人になるまでが描写されています。

    学校の教科書に出てきそうなお話しだなと思いながら読みました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議だけど温かいお話。

    主人公のしいちゃんと春にやってくるおばさんの奇妙だけれど温かい関係が魅力的な不思議な絵本です。
    おばさんは未来のしいちゃんなのでしょうか?
    17歳になったしいちゃん,おばさんはたんぽぽんの白い綿毛になって消えてしまったのですが,しいちゃんの中で何か大きなことがあったのかな☆

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達でも親でもなく

    なんだか不思議な雰囲気のお話でした。
    友達でもなくて、親や兄弟でもなくて・・・でも、心を許せる人。
    本当に存在していたのかな?と、疑問に思うほどにはかなく書かれていたと思います。
    立場が巡っていくことも、運命なのでしょう。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きだった誰かを心の支えにして生きる

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    なんだか心がホワンとする不思議なお話です。

    おばさんもひょっとしてしいちゃん?
    しいちゃんもひょっとしておばさん?

    おばさんは何者かわからないけれど、
    そんなことはどうでもいいのかもしれない。

    会えなくても、大好きだった誰かを心の支えにして生きていく。
    そういう気持ちはよくわかります。

    子どもにはまだよさが理解できないかも。大人におすすめです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しがりやのしいちゃん

    しいちゃんは、恥ずかしがりやさんだから、自分をさらし出せなくて

    なかなかお友達にも恵まれずにいたのだと思いました。

    いつも寂しいしいちゃんに、タンポポの咲く季節におばさんと知り合い

    お話もするようになりました。少しでも自分のことを理解してくれる人

    がいるって生き甲斐が持てると思いました。しいちゃんの成長が描かれ

    ています。大人になったしいちゃんもみることが出来ます。

    花粉症になったしいちゃん、大すきなおばさんが常に心の支えになって

    いたと思います。心の成長を描いているのが印象に残りました。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット