ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

とうげのおんぼろバス」 みんなの声

とうげのおんぼろバス 作・絵:おぼ まこと
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\981+税
発行日:1985年06月
ISBN:9784577010082
評価スコア 3
評価ランキング 38,846
みんなの声 総数 1
「とうげのおんぼろバス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テーマは重いです

    2歳8ヶ月の息子読んでやりました。バスが好きなので読んでやったのですが、テーマは環境破壊ではぐれたたぬきの親子とでもいいましょうか。人間に追われた狸の親子は、子だぬきをなんとか逃がしてやりましたが、親だぬきは二匹とも街で見かけられるようになったとか。その親だぬきに会いに、子だぬきがバスにのって街にでかけるお話です。もちろん、人間に化けているところがちょっと昔話風です。街で見かけられるようになったというのが、実は動物園というのがちょっと悲しいところですね。

    子供に読んでやるには少々難しく、おそらく息子も理解はしていないでしょう。環境問題とあわせて教えてやるには、あまりどろどろしていないので手ごろな本だと思います。

    掲載日:2010/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット