庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ごきげんなライオン ともだちさがしに」 みんなの声

ごきげんなライオン ともだちさがしに 作:ルイーズ・ファティオ
絵:ロジャー・デュボアザン
訳:今江 祥智 遠藤 育枝
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784776404118
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,901
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • フランソワくんが中学生

    久しぶりに『ごきげんなライオン』シリーズを読み、この絵本の中ではフランソワくんが中学生になっていることに驚きました。

    ライオンくんがただフランソワくんに会いたい一心で、そこにどんな波紋が起こるかを考えずに行動する姿に一途さを感じます。

    ただ、こんなことが本当に起きたらやはり大騒ぎですよね。

    フランソワくんとライオンくんの友情に気付いてくれる先生と町長さんが、粋な大人だなと思いました。

    個人的にはデュポアザンの絵が好きです。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • フランソワが天使のようでした!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    「ごきげんなライオン」のシリーズの中で、読み終えたときの気分が一番一番心地よかったです。
    ライオンくんとフランソワの友情の深さがすごく伝わってきたし、
    のんびりゆったりマイペースで「大切な友達」を探しに出ただけのライオンくんと、小心者で悪い方にばかり考え、後手後手に回っている人間(大人)との兼ね合いが笑いを誘われました。

    大人達のあわてた対応に比べて、フランソワの穏やかで優しい対応ときたら!この子は天使かしら?と、思ってしまうくらいでした。(ちょっと大げさかな?)

    「ごきげんなライオン」はシリーズになっていますが、1話完結のお話なので、どこから読んでも楽しくその魅力にはまれると思います。
    ぜひたくさんの子どもたちにこのライオンくんと「友達」になってほしいな〜。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • このライオンは、百獣の王、ライオンのはずなのだが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    この絵本の中では、街中にライオンがいることに対して誰も然程驚いていない。ライオンと言うよりは、皆、何か他の実害のない野生動物にでも会ったかの様な反応である。フランソワくんはこのライオンの飼い主?もう一回ちゃんと読もう…。

    掲載日:2014/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンのカン

    3歳の息子に図書館で借りてきて読みました。

    ライオンくん、大好きなフランソワくんに会えなくて
    ため息ばかりつく日々。
    ついに会うために脱走してしまいます。
    野生的なカンでフランソワくんのいるほうへどんどん近づいていき
    遂に見つけます。

    フランソワ君とどういういきさつで友達になったのか
    なぞですが、大冒険なので読んでいるこちらが
    見つからないかなとハラハラします。

    最後は優しい先生や友達と授業を受けてる姿が
    とてもライオンとは思えないほど可愛いです。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンのカン

    3歳の息子に図書館で借りてきて読みました。

    ライオンくん、大好きなフランソワくんに会えなくて
    ため息ばかりつく日々。
    ついに会うために脱走してしまいます。
    野生的なカンでフランソワくんのいるほうへどんどん近づいていき
    遂に見つけます。

    フランソワ君とどういういきさつで友達になったのか
    なぞですが、大冒険なので読んでいるこちらが
    見つからないかなとハラハラします。

    最後は優しい先生や友達と授業を受けてる姿が
    とてもライオンとは思えないほど可愛いです。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンくん、また動物園の外へ

    「ごきげんなライオン」シリーズを何冊か読んでいたので、フランソワくんが中学生になったことに、「いつの間に!」と驚きました。
    きっと、ライオンくんも同じような気持ちだったのではないかなーと創造します。
    ある日突然、親友がいなくなったのですから。
    そして、ライオンくんは動物園の外へ・・・
    やっぱり事件の連続ですが、無事にフランソワくんに再会できて良かったなー。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ごきげんなライオン」シリーズ読むのもこれで4冊目。前作で、お嫁さんを見つけたと思ったら、子どもがいました。
    それなのに、それなのに…。
    ライオン君、友だちのフランソワ君を訪ねて動物園を飛び出してしまいました。
    ライオン君の冒険旅行は楽しく読んだけど、家族を大事にしなくちゃね。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会いたいな〜

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    この本を読みながら、シリーズものであることを知って
    1作目から読みたくなりました。

    今回は中学生になって遠くへ行ってしまい会えなくなった
    フランソワくんを訪ねて動物園をぬけ出してしまうのですが
    実際にあったらゾッとしますよね〜。

    オロオロする大人をよそに、
    子供たちはライオンが大好き。
    子供って純真だな〜と感じます。
    授業をしていた先生は大人だけど、
    ちゃんと気持ちを理解してくれて素敵だな〜
    と、思いました。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会いたい気持ち

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ごきげんなライオンが友人のフランソワくんに会いたい一心で、街中へ行ってしまいます

    恋しい人に会いたい気持ちは、抑えきれないんですよね〜
    そんな素直な気持ちを前面に表現するごきげんなライオンに対する、フランソワの歓迎ぶりと、周りの大人たちの対応の変化がわかりやすいです

    大人って調子いいよな〜って感じです
    微妙に大人の嫌な部分を感じてしまいました

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • バレ先生もステキ

    ご機嫌なライオンがふか〜いためいき。
    その訳は、なかよしのフランソワくんがとおくの中学校にいったので会えなくなってしまったから…。
    もう会いたくて会いたくて仕方ありません。

    相手が会いに来れないならこっちから会いにいけばいいんだ!

    決断して出ていくところはかっこよかったですね。
    しかも、場所は分からないのに「会いたい気持ちがあればきっと見つかる」っと確信して!

    バレ先生も素敵でした。
    ライオンを教室に快く迎え入れ、車で送っていってくれるなんて…。

    会いたいっていう気持ち、大切にしないと駄目ですね。
    会いたいなぁと思ってもなかなか行動にせず、月日だけが過ぎていく。
    私もよくあります。

    ライオンを見習って早速、友人に連絡取りたいと思います。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット