アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

やさいとさかなのかずくらべ」 みんなの声

やさいとさかなのかずくらべ 作:いしだとしこ
絵:つるた ようこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784900656901
評価スコア 4
評価ランキング 19,693
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありそうでなかった絵本

    昔ばなしのような、そうでもないような。
    野菜とさかなが数を競うって、発想がすごいですよね。
    でも子供たちには日常によくあることと思います。

    わらび、ぜんまいなどの日頃あまり食卓にのぼらない野菜、ひい、ふぅ、みいという数え方。
    ふだんはすっかり忘れていたものを色々と思いださせてくれる絵本でした。

    終わり方も絵本らしくて、とても好きです。

    掲載日:2017/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話みたい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    日本らしい野菜や魚の絵の雰囲気、喋り方もよく、
    まるで日本昔話を読んでいるようでした。

    最近数を意識しだした息子にいいなと思いながら読むと、
    くるわくるわで最後の方は何も考えず、
    ただ面白く読みました。

    息子も「大根、にんじん、こい」と指さしながら
    楽しそうに聞いていました。

    掲載日:2016/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまり好みではなかったみたい

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳4ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    おじいちゃんの家に来ると、鯉に餌をあげたり、大根をとりに行ったりしている息子。
    表紙の絵で気に入るだろうと思ったのですが、残念ながら反応はいまいち…。
    おはなしを読んでみても、あまり好みではなかった様で、もう一度読んで欲しいと持ってくる事はありませんでした。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャパネスク!

    むかしばなしではないと思うのですが、登場する野菜や魚、絵の雰囲気、喋り方も、日本らしくていいなって思いました。私は特に絵の雰囲気が気に入りました。

    橋のところでバッタリ出会った野菜と魚が、どっちの方が数が多いかを競い合うお話です。
    これは…子ども同士の張り合いでよく見る光景です。

    どっちが勝つのか…?
    これはいい。なるほどの結末でした!

    他とはちょっと違う雰囲気が素敵な作品です。

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山から海からの応援団!

    あっ!
    この絵は、「だいこんとにんじんとごぼう」の絵の方だ!!
    表紙からして
    訴えかけていますよね!?

    あのだいこんさんかな?
    と、楽しみに開いていくと
    たんぽぽの綿毛かな?吹きながら歩いているだいこんさん
    あくびの様子も上手ですよね!?
    鯉もなかなか(^^ゞ
    からかい始めたのは鯉からですよ

    そこへ、来た!!!!!
    にんじんさんとごぼうさん

    あらら・・・来るわ来るわ・・・

    おもしろい!!

    山からくるわ
    海からもくるわ

    そして、数えるとなると・・・

    おかしいです!
    単純に笑えます

    で、最後も・・・

    でもね、ほら、おはなしが終わると
    なかよしになってるよ

    いいなぁ〜
    絵がいいです!!

    2冊ともほしくなっちゃうよね(^^ゞ

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き分け

    大根と鯉がお互いを意識して友達の数比べをしているのが面白いと思いました。やっぱり仲間がいてお互いに味方がいて応援してくれるのが嬉しいと思いました。結局は勝ち負けなしの、数比べになったのがよかったと思いました。最後のページに鯉の背中に大根と人参が乗って笑顔がとても素敵でした。本当は最初から意識していてお友達になりたかったのだと思いました。

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット