ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

うそつき咲っぺ」 みんなの声

うそつき咲っぺ 作:長崎 源之助
絵:石倉 欣二
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年05月
ISBN:9784333017263
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 広島原爆の記憶と戦後

    修学旅行の学生に原爆の体験とその恐ろしさ伝えている山野咲子。
    あの原爆投下の日に、一緒に学校をさぼって難をのがれた道子。
    二人が出会って、咲子の体験は事実ではないと思う道子ですが、話を聞いていくうちに、咲子が多くの友人を失った悲しみと、学校をさぼって助かったという後ろめたさで広島原爆を体験したという先入観にとらわれていることが判ります。
    哀しいお話です。
    語り継がれなければならない、広島原爆。
    長崎さんの平和への思いが突き刺さってきます。

    この本の後書きにかえてと、長崎さんの「汽笛」という文が載っています。
    これが2008年に『汽笛』という本になっています。
    『うそつき咲っぺ』は創作ですが、戦争体験者でなければ書けない話だと思いました。

    掲載日:2010/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット